林哲司全仕事

2016-04-25


また布施明が書いた本ではありませんが、

布施明のことが載ってるかと思って買ったら、載ってることは載ってるけど、期待したほど載ってないし、期待した内容ではなかったけど、まぁまぁいいことが書かれてた。

という本。

林哲司ファンや、
80年代90年代の邦楽好きには、オススメ。

布施明のことは、

p.66:70年代林哲司の仕事
●初期林哲司で外せないのが、布施明との仕事
●ニューミュージック風をいち早く嗅ぎ取った布施明

古い上着をぬいで(編:深町純)→シクラメンのかほりから(編:深町純・林哲司)
そろそろ(編:林哲司)→今夜は気取ってみたらいい(曲・編:林哲司)
THE LOVE,DREAMS AND TEARS(編:林哲司)
めぐり逢い紡いで(曲・編:林哲司)→サバイバル(曲・編:林哲司)

夏の終りのメモリーTokyo Nightsが、ベストテイク。
君の歌がきこえるは、東京音楽祭金賞。

と流れを解説。

シクラメンのかほりからの編曲を深町純はしてたっけ?とか、
タイトル表記の気になる点はあるけど、褒められてるっぽい♪

他の70年代林哲司の仕事に、
積木の部屋(同名異曲)、愛の詩をあなたに(似てるだけ)のタイトルがw

p.86:林哲司インタビュー
●布施明や亀渕友香などの楽曲アレンジを始めたころは、トム・ベルを強く意識

言われてみると、分かるような気もする。
が、トム・ベルを知らなかったので、分かったふりw

p.192:初期林哲司の仕事
●布施明や木之内みどり、フォークのちゃんちゃんこなどの編曲

こうやって、新たに知る歌手の名前が増えていく。
新しい人は増えないけどw

p.202:朝妻一郎インタビュー
●構成がしっかりしているから、歌唱力のあるシンガーに歌われてこそ真価を発揮する
●布施明や亀渕友香といった実力派シンガーに取り上げられていた

歌唱力のある実力派シンガー、ガーガー… ←やまびこ風に。
(・∀・)イイ!!響き!

だけど、
私が買うべきだったのは、
だったのかな?(σ・ω・`;)



↓コメントへのお礼

男の肖像

2015-11-14
男の肖像
帯表:50人の話題の男たちを、3ショットで撃つ熱いメッセージ。
帯裏:50人の著名な女たちが、男の魅力を徹底分析。

これ以上ないぐらい話題の男だった
翌年に、出版された写真集。

人選で妥協した人ではなく、
稲越功一が選んだ八割方に入っているといいな。

中には、どうしてこうなったwというような人のもありますが、
白黒は、いい男をさらにいい男にします!
いつでも絵になる藤竜也!

藤竜也かよ!☆ヾ(゚ロ゚ )オィッ!

いやいや、
布施明も負けていません!

写りの男前度では、一二を争うんじゃないだろうか
ってぐらい、超いい男に撮ってくれてます!ヽ(´▽`)ノワーイ♪

超いい男布施明に
辞しているのは、F氏像を作った朝倉響子。
F氏像を作るに至った経緯が書かれています。

朝倉響子の文章や、向田邦子・稲越功一の対談を読むと、
見てくればっかりにとらわれて、ヾ(_ _;)スミマセン…。

という気にはなりますが、
しなやかな透明感を持つ布施明は、やっぱいい男!

↓布施明が書いた本ではないけれど。

病室の「シャボン玉ホリデー」

2015-10-29
今日も布施明が書いたわけじゃないけど↓


あらすじ:おやじさんと付き人。

ん?今どういう状況?
というのが、ちょいちょい分かりにくくなるので、
初めの内は、数行前から読み返して理解しようと努めたのですが、
途中から理解することを放棄しましたw

それでも、
登場人物達の思いは十分読めるし、
なべおさみのハナ肇に対する思いも伝わってきて、←話をある程度盛ってそうですがw
何度か自分の経験と重ね合わせては、ウルッ(ノω・、)ときました。

私がリアルタイムで知ってるハナ肇は、銅像なんですけどw
クレージーキャッツの映画を見れる限り見尽くしているので、
ハナ肇とハナ肇の周りにいる人との関係が、とても興味深く素敵でした。

それは、ハナ肇の人徳あってこそなんだろうけど、
人に恵まれた人生だったんだな!と思える、ハナ肇を大好きな人達。
ザ・ピーナッツの存在感は素晴らしいです。

そして、
なべおさみの布施明評が、面白いw

明ちゃんの片思いではなく、
本当にハナ肇にかわいがられてたんだなぁ。

稀代のおっちょこちょいなんて言われる布施明を
親分肌のハナ肇が放っとけるわきゃないかw

読めば間違いなく、布施明の好感度が上がります。
上がった上で、変な奴wと思うかもしれません。でも、いい奴です。
そして、雨男ですw


お涙頂戴モノは嫌いですが、
全然重たくなく、優しい人たちの、優しい29日間。
ハナ肇は幸せ者!



↓コメントへのお礼

対談

2015-10-28

土曜深夜の番組ですから、そこそこに品はありませんw

布施明目当てで読むと、どいつもこいつも邪魔!
と思ってしまうと思いますが、←ヾ(_ _;)思っちゃった。
元嫁の連れ子話が読めたので満足。

だけどやっぱり、
映像で見たいのです!DVD待ってるんだけどなぁ。


どうせいつもの話だろと思ってたら、いつもの話でしたw

だけど、ちょろちょろと知らなかったことが混ざってたり、
二人の会話のテンポが面白かったり、
なにより、元嫁話が興味深かった。

読んだ後すぐに、
週刊文春2005年7月14日号を探したほどですw
見つけたけど、ヤフオクだったので買ってない。


布施明が書いたわけじゃないけど、
布施明関連書籍のご紹介でした。



↓コメントへのお礼

次の生き方

2015-10-27

あらすじ:地平線は超えられない。

私は、自己啓発本が嫌い。
自己啓発する気が、さらさらないから。

でも、世間が読書週間なので、
今日から私も、布施明読書週間

10ページにわたって、

今の芸能界についていけないんだよなぁ。
でも、地平線目指して歌い続けるよ。

ということをグダグダ書いてます。

目当ての人が布施明だけなら、定価で買うような本ではないです。

が、15年以上前から変わってないねw
ということを確認するには、いい本です。

そのまま変わらず、
地平線と追いかけっこを続ける布施明でいてください。



↓コメントへのお礼
書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る