AORを学ぶ~君に会いに行くよ~

2016-11-06

伸びやかな声と豊かな声量で日本を代表する歌手・布施明のシングル。2016年51年目となる新たな第一歩となる楽曲は、アダルトオリエンテッドロックのテイストを持った布施明ワールドの新境地を開く1曲。




+∴゜ヽ(´∀`)ノ゜∴+
インストに布施明のコーラス入りだ!
徳間さん分かっていらっしゃる!一部の需要を理解なさってる!

CDを買って、まず聞いたのが
君に会いに行くよ-Original Instrumental-ってのは、
自分でも間違ってんじゃないかと思いますがw

泣かないで MY FRIENDは、
カラオケ行けば、布施明コーラス聞けるかしら♪行かないけどw

で本題。
ハッキリ言うと、君に会いに行くよのどこがAORなのかは、分かりませんw

ジャズ明で聞いた時は、内心(-ω-`;)ゞイマイチ…ってかもっと練習しろよw
と、曲の良さがサッパリ理解できず、ガッカリ。

ちゃんと歌えば、ちゃんと聞ける曲じゃん!というのが、ラジオで聞いた感想。
それでもディレマが流れた時の方が、超テンションヾ(≧▽≦)ノアップ!

その後テレビで流れる度、好感度が↑age∩゚∀゚∩age↑になっていって、
布施明まだまだやれますぜ!を見せつける良曲に思えているのが、今。

一応、今まで学んできた定義だと、
大人の、爽やかで、お洒落な、メロウに、落ち着いて、洗練された、都会的な、
なんかバブリー臭のするウェストコーストで作った、ソウルフルな曲がAOR。

太文字以外は、当てはまってる?

昼下がりの午後聞きたい系のではなく、
月明かりの下で聞きたい系のAORなのかな?

狼の遠吠えならぬ、明の遠吠え入りだしねw


本日の課題シングル
君に会いに行くよ
君に会いに行くよ
詞:尾上一平 曲:尾上一平 編:船山基紀
Dilemma(ディレマ)
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫
泣かないで MY FRIEND(for KUMAMOTO)
詞:布施明 曲:布施明 編:井川雅幸



↓コメントへのお礼

AORを学ぶ~角松敏生~

2016-11-02
これまでは、ネット上で
AOR認定されていたアルバムで記事を書いてきましたが、


Estimadoは、違う!

角松敏生は、AORなんだぞ!シティ・ポップなんだぞ!
「新生・布施明のスタイリッシュA・O・Rここに誕生!!」
と、公式が認めていらっしゃるのだぞ!

だからAORは、新境地じゃないからね!m9( ゚д゚)っオワスレナク!

ガチャガチャした電子音が好きではないので、
90年代っぽい音は得意じゃない。加工バリバリの声も苦手。

布施明の声を加工するなんて、なんて勿体ないことを!
だけど、嫌いじゃない。

ラップは、勘弁してくださいYO!
だけど、布施明がラッパーしてるわけじゃないからいいやw
やれるんだったら聞いてみたいけどw( ̄。 ̄ )

シティーハンターのOP、EDみたいな曲ばっかり歌う時代が、
布施明にもっとあっても良かったんじゃないのかな。

かなり既存客を切り捨てることにはなるかもしれないけれどw


本日の課題アルバム
Estimado
IF YOU LOVE SOMEBODY
詞:角松敏生 曲:角松敏生 編:角松敏生
MISTY CONNECTION
詞:角松敏生 曲:角松敏生 編:角松敏生
ありがとう
詞:細野晴臣 曲:細野晴臣 編:角松敏生
L'Air du Temps
詞:角松敏生 曲:角松敏生 編:角松敏生
TEA FOR TWO~二人でお茶を~
詞:布施明 曲:角松敏生 編:角松敏生
霧の摩周湖 INTERLUDE
詞:水島哲 曲:平尾昌晃 編:角松敏生
君をこえる日
詞:角松敏生 曲:角松敏生 編:角松敏生
AROUND THE WORLD
詞:角松敏生 曲:角松敏生 編:角松敏生
ありがとう(Ultra SETAGAYA Mix)
詞:細野晴臣 曲:細野晴臣 編:角松敏生


神戸まで、あと1日



↓コメントへのお礼

AORを学ぶ~フィリップス~

2016-11-01
脱キング!脱ナベプロ!脱ジャパン!で、
サンセット・カラーに色づいたAOR!

California Seasons
ジャケ写真みたいなサンセット・カラーが、
なんとなく理解できる大人なCalifornia Seasons

「パーティが終わり、男がタキシードをぬぐとき、
カリフォルニア・ヒルを吹き抜ける風がサンセット・カラーに色づく」

続く 海外逃亡 フィリップス第二弾は、
夏色のロマンスAOR!

Woman
夏のウキウキ・ビーチで聞く
Womanも、サントリーニ島のようなジャケ写真カラーに合った曲揃い。

「のびやかなMELODY 艶やかなVOCAL
夏色の風にのせてあなたに贈る L.A.からのラブ・メッセージ」

ヾ(→ˇω←)ノうぎゃw体中掻きむしりたいw
「 」の中は、レコードジャケットの帯に書かれた文句。

読んだことはないんだけどハートカクテルな、
体験したことはないんだけどバブリーな、トレンディドラマ的な、
当時はカッコ良かったんだろうけど、なんか恥ずかしい帯w

フェリップス時代の自作曲が大好きなので、
布施明の曲が一部を除いてw恥ずかしいと言っているわけじゃありませんよ。

帯が恥ずかしいの!
80年代のオシャレさが恥ずかしいの!ビーチってだけで照れちゃうの!(///Д///)

でも、それがAORっぽくもあるように感じるw

本日の課題アルバム
California Seasons
聞きすぎたいいわけ-USELESS DISGUISE-
詞:Olivia H. Fuse 曲:布施明 編:James Newton Howard
シェリー~お前の愛はオリエンタルEXP-CHERIE-
詞:布施明 曲:布施明 編:James Newton Howard
I SAID GOOD-BYE
詞:Olivia H. Fuse 曲:布施明 編:James Newton Howard
うわさは悲しく-THEY SAY-
詞:布施明 曲:布施明 編:James Newton Howard
OLIVIA~チェイニー・ウォークの二人
詞:Olivia H. Fuse 曲:布施明 編:James Newton Howard
カリフォルニア・シーズンズ
詞:布施明 曲:布施明 編:James Newton Howard
悲しみのドラマ
詞:布施明 曲:布施明 編:James Newton Howard
シンセリティー
詞:Olivia H. Fuse 曲:布施明 編:James Newton Howard
一番街からの風
詞:布施明 曲:布施明 編:James Newton Howard
マイ・フレンド・ミスターT
詞:布施明 曲:布施明 編:James Newton Howard
Woman
恋のスーパースター
詞:布施明 曲:布施明 編:David L. Garfield
地中海通り一人
詞:布施明 曲:David L. Garfield 編:David L. Garfield
WOMAN
詞:布施明 曲:布施明 編:David L. Garfield
夢急行で15分
詞:布施明 曲:布施明 編:David L. Garfield
ALL OF MY LOVE
作詞:Kathi Pinto 作曲:Joey Carbone 編曲:Robbie Buchanan
MAKE SOME ROMANCE WITH ME
詞:布施明 曲:布施明 編:David L. Garfield
I NEEDED YOU
詞:布施明 曲:布施明 編:Robbie Buchanan
気分は南太平洋
詞:布施明 曲:David L. Garfield 編:David L. Garfield
君とジョン・レノン
詞:布施明 曲:布施明 編:David L. Garfield
夢を捨てないで
詞:布施明 曲:布施明 編:David L. Garfield
エスコート・ディスク
I♥愛・EYE's            ←♥が恥ずかしいのw
詞:布施明 曲:布施明 編:井川雅幸


神戸まで、あと2日



↓コメントへのお礼

AORを学ぶ~キング後期~

2016-10-30
第一次キングレコード時代も、終りを迎える3枚。

LANAI AMGO MEN
本人のやる気のほどは分からないけど、とろける甘酸っぱさLANA
ジャンル詰め込みI AM歌の上手い加藤和彦と書いたGO MEN

この辺りがAORだと言われると、(*-ω-))ゥンゥンと納得する。

ロックかどうかは置いといて、
大人の、爽やかで、お洒落な、メロウに、落ち着いて、洗練された、都会的な音楽。
AORとジャンル分けされる要素が揃ってる。気がする。

おまけにGO MENは、
「ウエスト・コーストのトップ・スタジオミュージシャンのサポートで制作された」
ので、完璧AORだよね!

ただ、布施明の歌声が…
感情入れすぎてか、歌い上げすぎてか、AORなのか不安になる曲もw
そもそもAORは歌い上げちゃいかんのかどうなのか?

淡々と歌う布施明など布施明ではない!ので、
歌い上げAORが、私は大好きなんですけどw

作曲者と編曲者の力関係や、70年代の音楽シーン、
作りたいものが何だったのかは分からないけど、キング後期は、
布施明のワンマン度が上がってて、音楽の方向性が定まってきたんじゃないかな。

それが売れるかどうかは別問題w

本日の課題アルバム
LANA
LANA
詞:布施明 曲:浜田金吾 編:戸塚修
LOVE IS FREE
詞:篠塚満由美/S.F. 曲:小田裕一郎 編:戸塚修
君の理由と僕の道
詞:下村明彦 曲:下村明彦 編:戸塚修
セーリング・ライフ
詞:康珍化 曲:岡本一生 編:戸塚修
LALA
詞:布施明 曲:浜田金吾 編:戸塚修
YOU GAVE ME YOUR HAND IN LOVE
詞:布施明 曲:山本徹 編:戸塚修
マーマレイドの朝
詞:門谷憲二 曲:鈴木茂 編:戸塚修
ありがとうそしてさようなら
詞:布施明 曲:長岡忠治 編:戸塚修
I AM
DANCE DANCE DANCE
詞:Olivia H. Fuse 曲:布施明 編:椎名和夫
IT'S JUST AN OLD FASHIONED MELODY
詞:Olivia H. Fuse 布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫
YOKOTA AIR FORCE TOWN-CAN REALLY BRING YOU DOWN-
詞:布施明 曲:布施明 編:高島政晴
A BIRD OF PASSAGE
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫
TOKYO GIANTS
詞:布施明 曲:布施明 編:高島政晴
CHIGASAKI BEACH HOTEL
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫
BLUE SHADOW
詞:布施明 曲:布施明 編:井川雅幸
SATURDAY NIGHT
詞:Olivia H. Fuse 曲:布施明 編:椎名和夫
SAD RHYTHM
詞:布施明 曲:布施明 編:井川雅幸
GOMEN
I LOVED NEW YORK DANCE
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
ひろ
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
朝・日曜日
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
ちょっと悔しさ何故かうれしさ
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
別れの前に
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
SAILING MY LIFE LIKE THE OCEAN
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
GO MEN
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
渚ホテルにて
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
涙色したメロディー
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男
ついて来るなら
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫 布施明 桜田久男


神戸まで、あと4日



↓コメントへのお礼

AORを学ぶ~林哲司~

2016-10-29
林哲司全仕事によると、
林哲司との仕事は、ニューミュージック。

ニューミュージック系がシティ・ポップ(和製AOR)を名乗りだした
という理解で合っているのなら、
布施明はAORの先駆け!とは誰も言わないんだろうなw

編曲に林哲司の名前が初めて出てくる
シクラメンのかほりからは、小椋佳作品集だからフォーク色が強い。
まだフォークを引きずってるそろそろでは、林哲司もまだフォークしてる。

だけど街角へ来るとは、AORよりな気がなんとなくする。
けれども、どう違うかは全く説明できないw

今夜は気取ってみたらいい
今夜は気取ってみたらいいからが、AOR。
ただし、昼下がりよりも夕方遅くに重く聞きたい歌謡曲っぽいAORw

悲しい歌しかうたえない夏の終りのメモリーの流れは、
Album-Oriented Rockとなり得たのではないか。
3曲目(林哲司関わりなし)で、流れ切っちゃうのが惜しい。

THE LOVE,DREAMS AND TEARS
当然ヅカっぽ…くないwTHE LOVE,DREAMS AND TEARS
の方が、Album-Oriented Rockかな。

最初と最後の曲が繋がってるし、寺田瀧雄のコンセプト・アルバムだし。
Album-Oriented Rockの使い方が正しいかは、分かってませんwヾ(_ _;)

めぐり逢い紡いで
「スーパーマーケットのようにいろんな歌が入っていて、へんてこな楽しさがある」
と、めぐり逢い紡いでの帯に布施明が書いている。

歌謡曲の布施明と、より洋楽志向な布施明と、そうでもない布施明
が、混じってるようではある。が、このアルバムに限ったことではないかな。
謎の男Robert Haighが作詞している4曲は、分かりやすいAOR。

サバイバル
₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ディスコテックでもありつつ、
洋楽に行きたいんだい!なサバイバルが、一番ギラギラAORかも。

レコード屋さんのサイトに、OH! FUNNYが、
ミスターAORボビー・コールドウェルと激似と書かれていたから間違いないw

布施明の歌い方もあるだろうし、求められるものもあるだろから、
林哲司が関わったものが、すべてAORしてるわけではない。
やりたい放題wなTHE LOVE,DREAMS AND TEARS夢人も、フォークっぽいし。

で、どこがフォークでニューミュージックでAORなのかは、
聞けば聞くほど分かんなくなってきたので、考えるな!感じろ!

私がどう感じようが感じまいが、

林哲司が意識していたというトム・ベルは、
フィラデルフィア・ソウル(ソウルやR&Bを都会っぽくしたの)を作った一人。
AORとは、黒人と白人の違いはあるけど、都会的なソウルってことなんだろ。

私は、力技のパワフルなソウルが好きなんですがw

本日の課題アルバム
今夜は気取ってみたらいい
悲しい歌しかうたえない
詞:布施明 曲:井上堯之 編:林哲司
夏の終りのメモリー
詞:布施明 曲:林哲司 編:林哲司
愛よふり向いて
詞:布施明 曲:宮川泰 編:馬飼野康二
愛の扉
詞:喜多篠忠 曲:宮川泰 編:林哲司
I CAN NEVER BE YOUR MAN
詞:Cynthia 曲:林哲司 編:林哲司
僕のために
詞:堀口ノア 曲:堀口ノア 編:林哲司
おぼえてますか
詞:布施明 曲:布施明 編:林哲司
今夜は気取って
詞:布施明 曲:Robert Hughes 編:林哲司
想い出はきりがないね
詞:布施明 曲:井上堯之 編:林哲司
エウ・チ・アーモ
詞:布施明 曲:林哲司 編:林哲司
THE LOVE,DREAMS AND TEARS
アマール・アマール
詞:鴨川清作 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
白い花がほほえむ
詞:内海重典 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
愛の宝石
詞:鴨川清作 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
愛!
詞:鴨川清作 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
愛あればこそ
詞:植田紳爾 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
パレード・タカラヅカ
詞:内海重典 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
さよならは夕映えの中で
詞:植田紳爾 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
夢人
詞:草野旦 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
幸せの鐘の鳴る日
詞:柴田侑宏 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
さよならタカラヅカ
詞:鴨川清作 曲:寺田瀧雄 編:林哲司
めぐり逢い紡いで
TOKYO NIGHTS
詞:Robert Haigh 曲:林哲司 編:林哲司
ANGRY YOUNG FOOL
詞:Robert Haigh 曲:林哲司 編:林哲司
君の歌がきこえる
詞:布施明 曲:林哲司 編:林哲司
冬の散歩道
詞:布施明 曲:和泉常寛 編:林哲司
めぐり逢い紡いで
詞:るい 曲:大塚博堂 編:宮川泰
かもめよ
詞:布施明 曲:布施明 編:宮川泰
無言劇パントマイム
詞:門谷憲二 曲:小坂明子 編:林哲司
愛はやさしく燃えて
詞:門谷憲二 曲:和泉常寛 編:林哲司
STOP ACTION
詞:Robert Haigh 曲:山田義徳 編:林哲司
LOVER'S LULLABYE
詞:Robert Haigh 曲:山田義徳 編:林哲司
サバイバル
恋のサバイバル
詞:Dino Fekaris 曲:Freddie Perren 訳:布施明 編:林哲司
ホテル・プルメリア
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫
エバー・ラブ・マイ・エンジェル
詞:中村典子 曲:鈴木キサブロー 編:林哲司
夢の中で
詞:杉山政美 曲:林哲司 編:林哲司
レター・フロム・オー
詞:布施明 曲:布施明 編:坂口泰文
君は薔薇より美しい
詞:門谷憲二 曲:ミッキー吉野 編:ミッキー吉野
セ・ラ・ヴィ-人生なんてそんなものさ-
詞:布施明 曲:布施明 編:浅野孝巳
夢のかけら
詞:Dick Addrisi 曲:Don Addrisi 編:林哲司
オー!ファニー
詞:馬場孝幸 曲:馬場孝幸 編:林哲司
愛のメリーゴーランド
詞:Malani Bilyeu 曲:Michael Paulo 訳:清滝 編:林哲司


神戸まで、あと5日



↓コメントへのお礼
書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る