ラテン野郎ども

2017-04-09
私は翌日に、スパーク3人娘が控えているので行けませんが、
ジプシー・キングスが来日します。

日本で
ジプシー・キングスといやぁ↓

Volareってタイトル。
原曲っぽいけど歌詞は、ほぼスペイン語。

原曲はドメニコ・モドゥーニョ↓

Nel blu dipinto di bluってタイトル。
ビッグバンド編成で優雅だけど、情熱的w

音楽は恋人の布施明↓

何度見ても、いい男♡な上に愛らしいwニヤ(・∀・)ニヤするw
1990年のドラマティックは、ボルサリーノ風というか登場がボルサリーノ
アラン・ドロンは影のある超男前だけど、布施明はお日様のようなニヤ(・∀・)ニヤ男前。

参考
オシャレなダニー・ブリヤン↓   ただの私の趣味ディーン・マーティン↓
   

もう一曲
ジプシー・キングスといやぁ↓

A Mi Maneraってタイトル。
歌詞は、俺様流の恋バナらしい。

原曲はクロード・フランソワ↓

Comme d'habitudeってタイトル。
歌詞は、悲しい男の寂しい歌w

最後のドラマティック明↓

何度見ても、ジャブジャブ心が洗われるお洗濯動画。(*˘︶˘*).。.:*♡ ってなる。
せめて英語ver.か、ジプシー・キングスver.を貼りたかったんだけども、布施明ver.で。
40周年でこの笑顔。50周年でこの笑顔。いくつになっても(*˘︶˘*).。.:*♡ 良い笑顔。

参考
巴里の伊達男だって間違える↓     シナトラ一家の親分(78歳)↓
   

ラテン野郎最高!

(´・ω・)布施明は日本人でしょ。
       純日本人のラテン男でしょうが!ヽ(´∀`)ノ

ボラーレマイ・ウェイも入った夢の共演↓


ラテン野郎の歌は、
めっちゃテンション↑age∩゚∀゚∩age↑になるね!


来週のテレビ
4/16
BS-TBS お宝映像大発見!昭和歌謡スター大集合3



↓コメントへのお礼

Cats

2017-02-05
16:30開演に間に合うように来てみれば、
開演 PM6:30
   ∧∧
   /⌒ヽ) …。
  i三 ∪
 ○三 |
  (/~∪
  三三
 三三
三三三
 あと2時間半…途方に暮れるorz

見ず嫌いだった、
劇団四季のキャッツを見てきました。


劇団四季の専用劇場・大阪四季劇場だからか、
客席も巻き込んで、劇場全体がミュージカル!

おばさん猫のタップダンスが、ホント楽しかった♪

ストーリーは、いまいち(´・ω・)ン???よく分かんない。
けど、猫だけあってアクロバチックなダンスと、どんどん進んでいくスピード演出、
サービス精神溢れる俳優、それでいて崩れない歌声!

布施明の一人ミュージカルを見たい、見たいと、
ずーっと思っていましたが、いやいやこれは無理w若い明でも、無理無理w

猫耳は、どんなものでもかわいくできるらしいですが、
近くで見た劇団四季の猫耳は、美猫ばかり。
猫耳明=・ิω・ิ=が見られたら、小一時間は笑ってられるかなw(ノ∇≦、)ノキャハハ!

で、キャッツの関連曲↓


1986     ドラマティック・コンサート
1989     亞視煙花照萬家ATV
1997-06-22 ときめき夢サウンド
と、私が聞けただけで3回Memoryを歌ってる。

1989年なんて、
なんで香港のお祭り番組でMemory歌うんだwという理由の分からなさ。
お好きなんですねw

劇団四季のではないけど↓


娼婦猫が歌う曲だったとは、意外。
動画で三毛猫みたいなのが歌ってるところは、劇団四季だと05:55の白猫が歌う。

劇団四季は日本語詞で歌ってて、
ここの歌詞は布施明とちょっと違うかも。ここは布施明と同じな気がする。
帰ったら、布施明のと違いがあるか聞き比べよ♪

と思ってたのに、
布施明が日本語で歌ったの聞いたことありませんでした。
私は、どこで日本語詞を聞いたんだ?(´-ω-`)布施明で脳内再生できたのにw


俳優の明追加
2/7、8、9、10、13、14
日本映画専門チャンネル WATER BOYS
2/13
チャンネルNECO みんなのいえ
2/20
チャンネルNECO ラヂオの時間
チャンネルNECOは、先月も放送してたの忘れてたorz



↓コメントへのお礼

Édith Piaf

2016-10-11
エディット・ピアフ
(1915.12.19~1963.10.11 仏)

1946
La Vie en rose           ばら色の人生
 

1949
Hymne à l'amour         愛の讃歌もしくは愛の賛歌
 

1957
La Foule              群衆
 

布施明好きになった後に、
エディット・ピアフを知ったという無知なので、他にあるのかも分かってない。

しかしこの3曲!
エディット・ピアフは、もちろん素ん晴らしいし!
大好きな布施明が、ギュッと詰まりに詰まってる!

愛の讃歌は、
2014.11.09 昭和の歌人たち
2015.02.03 歌謡コンサート
でも、これでもかってぐらいの濃さで、非常にお気に入り

愛がすべてなエディット・ピアフ
これほど濃厚に歌える男は、愛が重苦しい布施明以外にいない!

と言われるようになってもらいたい!



↓コメントへのお礼

台風一家

2016-07-06
結構大きくなるまで、
台風が団体でやって来ることだと思ってたw

正しくは、

たいふう‐いっか〔‐イツクワ〕【台風一過】
台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。


  \ \     \      \  ザァー \  \ \
    \   ゴー\  \    \    \ \  \ \
  \  \\  \ヾ\\、,,   , \ \\ \ \  \
    \  、∠二:::、ヽ" \ ヽ\ \ \  \   \
   \\  :((゚∀゚ ) フファファファファファファ \   \  \
  \  \ 、O~:~~\,\\\ \  \ \\\  \
     \\ ; .\:....\\... `  \ヽヽ \ \\  \  \
   \ \ヽ\ \: :\  : ヽ  \ \ \\\  \

と、台風の中で不気味に笑いながら聞きたい曲↓


Le Prix d'un homme
作詞:Michel Sardou/Pierre Billon/Pierre Delanoë
作曲:Michel Sardou/Pierre Billon/Pierre Delanoë
編曲:井川雅幸

この声!この表情!このギター!それを引き立たせるコーラス!
シビレる以外ないじゃありませんか!
上目遣いの布施明マジ男前!マジかっけー!

この荒んだ感じの激しさが、台風の暴風雨と合う!
歌詞を読んでも仏語を理解できないので、
花と緑の美しさを歌ってる歌だったらビックリするけど、それはないw

手振りが気になった01:17~だけ片言翻訳。

Se faire piéger en plein Paris,パリの中心部に捕捉され、
En pleine civilisation, 完全な文明では、On se croirait en Italie. それはイタリアにいるようなものです。

パリとイタリアを指差してるのだけは、分かったw

家の古い柱時計みたいな音がする原曲

ミシェル・サルドゥーも、かっけー!当然だけど、かっけー!
歌ってる姿も見てみたかった。

サビを片言翻訳すると
人間の価値について考えてる歌のようで、水はよく飲むらしい。
意味は┐( ゚д゚)┌サッパリだけど、かっけー!歌!

補足
イギリス映画・孤独の報酬のフランス題が、Le Prix d'un homme。
製作年が10年以上違うので、たぶん関係ない。と思う。



↓コメントへのお礼

真夏の夜の

2016-07-05
テンション爆上げ!

夏の夜に、
無闇矢鱈にテンションを上げたい方へオススメの曲。

BE MY BABY 見のがしておくれ/Lady
私の夏の定番曲
絶対に!CD化してくださることはないだろうから、
不本意ながら、中古で見かけたら即買されることをオススメしております。

手に入る布施明だと、

ワン・ツー・スリー
作詞:Leonard Borisoff(Len Barry)/David White/John Madara
作曲:Leonard Borisoff(Len Barry)/David White/John Madara
編曲:宮川泰

完全無欠なザ・ピーナッツと比べると、
まだまだ歌唱力が追っ付いていないように思える布施明。
だけど、弾ける若さで懸命に付いてくる歌唱が、超かわいい!
70年代前半の明って、超かわいいw
元は、アポロンのテープ音源(1970)だとか、レコード特典の非売品シングル(1972)だとか。

原曲

思ったより大人しかった。
周りで踊ってるお姉さんのノリノリに圧倒されるw
中年になったレン・バリーの方が、ソウルフル度が上がってて好き。

Σ(゚Д゚)そうか!私は譜面通りに歌われるよりも、
ノリが命な歌唱が好きなんだ!

だから、
もはや音を取ることなど考えていない布施明に、ハマるんだなw
ザ・ピーナッツは、正確さとノリ命が揃ってて無欠!
(,,・`ω´・)人(,,-`ω´-)



↓コメントへのお礼
書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る