音楽出版

2016-11-11
デビューシングルは、
両面ともに外国のカバーなので、出版も外国。

さすらいの丘
から、テレビ主題歌やカバー曲、
それとなぜか小椋佳を除くキング時代が、渡辺音楽出版

たまらなくテイスティー 恋のスーパースター
A面:ロリーポップ音楽出版     A面:ルーツ音楽出版
B面:ルーツ音楽出版        B面:?

ルーツ音楽出版は、プロダクション尾木の子会社。

前に書いた表↓
渡辺プロダクション   1964-1980
???         1981-1982
クリエイトサウンド   1983-1991
???         1992-1999
プロダクション尾木   2000-2011
アダマンツミュージック 2012
FRA音楽創舎      2013-

1981-1982は、
所属というほどではないが、プロダクション尾木にお世話になったってことなのかな?

ファンタジー こころ美人
両面、日音が絡んでる。

姉妹坂 別れに赤い薔薇
コロムビア2枚目以降からラス前まで、ラビットパブリッシャーズ

さみしさの理由
A面が、テレビ朝日ミュージックなのは分かるけど、
なぜかB面も、テレビ朝日ミュージック

以降は、
日音ラビットパブリッシャーズエフエムサウンズ
ユニバーサル・ミュージック、なんかを経て、

プロダクション尾木移籍第一弾が、
ア・カペラ
  タイトル曲:田辺音楽出版
カップリング曲:フェイス音楽出版

DO MY BEST
  タイトル曲:テレビ東京ミュージック
カップリング曲:ルーツ音楽出版/アップフロント音楽出版

DO MY BESTが、
なんでテレ東?オレ達のWell歌夢で使われたのか?


  タイトル曲:ワンダフル・ワールド
カップリング曲:ルーツ音楽出版/アップフロント音楽出版
   おまけ曲:オールスタッフ

その後は、
テレビ主題歌やカバー曲、デュエットを除き、ルーツ音楽出版

間に一枚挟むけれど、
1万回のありがとう うりずんの風
布施明印の自主レーベルを経て、

 
徳間になると、渡辺音楽出版に戻ってきた!?Σ(゚Д゚)

50周年でいろいろお世話になったから
渡辺音楽出版のロゴが入ってるってだけじゃなかったんだ。

徳間の社長も元渡辺プロダクションだし、ギター小僧に戻ったことだしで、
一歩踏み出したら一周しちゃったのかな。



↓コメントへのお礼

アメリカのおばちゃまさんへ
疲れてそうでしたか?今日は、歌謡チャリティーコンサートの収録日だったので、
元気に回復して「あっ!」と言わせてほしいです!٩(ˊᗜˋ*)و
ラジオの中の布施明は、楽しそうでしたw⇒


レオKさんへ
お知らせ、ありませんでしたね。(-"-;)
布施明を立てるためだったり、布施明なら分かってくれるだろうだったりで、
「最近の~」と言っているパーソナリティーの人は、肩透かしで気の毒にも思えますw
メールへのお礼
素敵な曲目ですね!コンサート音源でしょうか?
お気持ちだけ頂きます。ご親切、ありがとうございます!
どうぞこれからも大切になさってください。ヽ(´∀`)ノ♪

コメント

音楽出版

本の出版などに比べると、音楽出版は、随分いろいろなことがからまってくるのですね。歌手、作詞,作曲家、オーケストラ、それを売る音楽出版(現在は,渡辺プロダクション?)。とすると徳間とか布施さんのプロダクションは、どうからまってくるのですか?売るルートなどは、渡辺出版?徳間?すると、歌手のもらい分って、あまりないように思えますが、皆それぞれ、結構裕福そうだし。。。FRA音楽創社を立ち上げたのは、それなりに自分のやりたいこと、そして儲けの多いことを考えてなのでしょうねえ。わかんない、とても複雑。

たとえば、『君に会いに行くよ』なども、作曲にしても作詞にしても、いかにも布施さんらしい、でも、他の人(相談役?)の名でだしている、自分の名前で出すと、いかにも自叙伝的な面が赤裸裸だからな?まあ、作戦?照れない、照れない。利益が少なくなるよ〜。

興味深く面白い視点に

ここには よく何度もお邪魔させてもらって
刺激されたり受けたり、音楽に関しての再認識もしたり
ファンの其々の思い入れの違いとか・・・楽しい話題がおおいです。
それに、アメリカのおばちゃまさんの「音楽出版の書き込み」も
すごい興味深く読ませていただきました!
やはり、いろいろなところで見たり聞いたり生きたり
出会いもたくさんあれば、沢山の情報量も持っておられたり
判断力も 勉強になって やはりよくいわれる人間力なのかしら・・
と 以前から思ったり思われていたことに ナルホド!('◇')ゞ

音楽出版

こんな視点で
レコードやCDを見たことがなかったので
へぇ~そうなんだ そうだったんだ
という発見が。
いつもながら はるまきさんの着眼て凄いです。

はるまきさんの ながーい一覧のお蔭で
布施さんと藤崎邦夫さんの作品が確認できました。
海外逃亡前後の作品が多いですね。
なんにも思わず聞いてた曲が多かったので
ここでもへぇ~そうだったんだと
ひとりトリビアしてました。 ありがとうございます。

独立すると大変っていうけど

音楽業界ってほんと複雑なんですね。いろんな会社、人が関わってシングル1枚、アルバム1枚が世に出るとしたらこの間買った布施さんのCD1枚も布施さんのふところ以外の何かにも貢献してるのかなぁw
はるまきさんが載せてらした曲のほとんど知らなかったのでyoutubeで聴いてみました。
タンゴ調あり、ボサノバ調あり、カントリーありとほんと幅広いジャンルの曲を歌ってらしてどれも素敵でした!
わが家はBS映らずラジオがどこかにしまい込まれて無いのではるまきさんが事細かに書き出してくださるのでとてもありがたいです。携帯見ながらクスクス笑っていると主人が不気味そうにこちらを見てますwラジオの布施さんはよくお喋りするんですね。声も若返ってませんか?

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る