安井かずみ

2014-08-02
君に涙とほほえみを SE PIANGI,SE RIDI
詞:Giulio Rapetti Mogol 曲:Giovanni Marchetti/Roberto Satti(Bobby Solo)
訳:安井かずみ 編:服部克久
愛の香り
詞:安井かずみ 曲:平尾昌晃 編:森岡賢一郎
悲しみのバラード
詞:安井かずみ 曲:平尾昌晃 編:森岡賢一郎
愛の歴史
詞:安井かずみ 曲:平尾昌晃 編:小谷充
愛の虹
詞:安井かずみ 曲:かまやつひろし 編:森岡賢一郎
ある朝
詞:安井かずみ 曲:平尾昌晃 編:小谷充
こたえ
詞:安井かずみ 曲:東海林修 編:東海林修
道化師のように MEME UN CLOWN
詞:Howard Barnes 曲:Danyel Gerard 訳:安井かずみ 編:森岡賢一郎
海辺の白い家
詞:安井かずみ 曲:宮川泰 編:宮川泰
太陽の恋人達
詞:安井かずみ 曲:宮川泰 編:宮川泰
再会の後に
詞:安井かずみ 曲:宮川泰 編:宮川泰
たしかな愛
詞:安井かずみ 曲:宮川泰 編:宮川泰
家路
詞:安井かずみ 曲:宮川泰 編:宮川泰
海を見つめて
詞:安井かずみ 曲:宮川泰 編:宮川泰
今日、今、この時 TO WAIT FOR LOVE
詞:Hal David 曲:Burt Bacharach 訳:安井かずみ 編:Chuck Anderson
陽は沈み陽は昇る
詞:安井かずみ 曲:Nino Rota 編:森岡賢一郎
甘い十字架
詞:安井かずみ 曲:加瀬邦彦 編:馬飼野康二
君の素顔
詞:安井かずみ 曲:加瀬邦彦 編:馬飼野康二
愛よ飛べ
詞:安井かずみ 曲:加瀬邦彦 編:馬飼野康二
明日に架ける愛
詞:安井かずみ 曲:加瀬邦彦 編:馬飼野康二

注:シングルとアルバムから抜き出しただけなのでチョット適当。

私の中で安井かずみのイメージは、加藤和彦とのリッチな夫婦。
まぁ、知ったのは亡くなったずっと後なので、本の中でしか知らないんですけど。

デビューから、シングル愛よ飛べ(1973)までのお付き合い。
ただ当時の安井かずみが、売れっ子だったってだけだと思うけど、
平尾昌晃と同じ、初期布施明を支えた一人でしょうか。
主にアイドル方向で

なんせ甘い十字架は、
1970年ぐらいから続いていた、どっしり歌い上げシングルから、←違うのもあるけど。
カラッと急にアイドル路線に移動してヒットさせてます。
すぐに、フォーク路線に鞍替えするんで、本当方向性が定まってねぇw

その合間の、
愛の虹今日、今、この時 TO WAIT FOR LOVEも、
作詞:安井かずみで重くない。
重い重くないは、曲に左右される部分ではありますけど。

最後の安井かずみ↓
愛よ飛べ
久々にネタジャケw

この ネタジャケ 明なんて、映像を見たことはありませんが、
キャァ-!アキラー!
と叫びたくなる、アイドルっぷりの歌声w
西城秀樹並みの体のくねらせ方で歌う布施明を想像しております。

返す返すこの方向性で、70年代を突っ走ってくれたら、
大変面白いことになっただろうにw
と、思うのであります。果てしない迷走という意味でw

アイドル仕様の布施明じゃ、
セールス的には限界だったと思うし、たぶん生き残らなかっただろうなぁ。
そんなアイドル布施明が大好きなんだけどw



↓コメントへのお礼

きりちゃんさんへ
私も、甘い十字架愛よ飛べの二枚のシングル、お気に入りです(もちろんB面も)。
ぜひ歌っている映像を見たい、と思っています。
夜のヒットスタジオで、何回か歌っているようですが…古くて残ってないのかな?
陽は沈み陽は昇るも、夜のヒットスタジオで一回歌ってるみたいですw

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

思った以上に安井作詞があるのですね。
調べられた労力に感謝です。
海を見つめてを最初に聞いたとき、加山雄三さんの曲を歌っているのかと思ったことを思い出しました。
太陽の恋人達のァウとかヤァとかの布施さんの声が初々しいです。ちょっと照れているような歌い方も好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る