阿久悠

2014-08-12
ふれ合う世界
詞:阿久悠 曲:小林亜星
鐘は鳴る
詞:阿久悠 曲:都倉俊一 編:都倉俊一
愛よその日まで
詞:阿久悠 曲:布施明 編:宮川泰
銀河伝説
詞:阿久悠 曲:宮川泰 編:宮川泰
ザ・ヒーロー
詞:阿久悠 曲:布施明 編:船山基紀
それぞれの太陽
詞:阿久悠 曲:布施明 編:船山基紀
舟唄
詞:阿久悠 曲:浜圭介 編:井川雅幸
めまいの日々
詞:阿久悠 曲:筒美京平 編:新川博
MOON STRUCK
詞:阿久悠 曲:筒美京平 編:新川博
五番街のマリーへ
詞:阿久悠 曲:都倉俊一 編:若草恵

注:シングルとアルバムから抜き出しただけなのでチョット適当。
  カバー曲も入っています。


すくね!
阿久悠も曲を量産している70年代に、2曲(ふれ合う世界鐘は鳴る)だけ。
ほとんど、80年代明からしかお付き合いがない。

おまけに舟唄五番街のマリーへは、カバーだし、
2枚のシングル(愛よその日までそれぞれの太陽まで)はアニメタイアップ。

歌謡曲≒阿久悠
みたいなイメージ(私だけ?)があるだけに、凄く意外

シングルめまいの日々(カップリング曲MOON STRUCK
が、ビクター時代唯一のアルバムで聞けます↓
MOSAIC

シングルもアルバムも、1989年のジャケットだけ顔が老けこんでる気がする。
…1989年。あっ、なんでもありませんw
4曲目が、涙の電話-Le Telephone Pleure-w悲しいねw

めまいの日々は、火曜サスペンス劇場のエンディングにでもなりそうな曲。
MOON STRUCKは、「MOON STRUCK」のエコーに吹いてしまうw(,,>з<)ブッ

現在Amazonでは、超プレミア価格なので、買わなくて良いんじゃないかな。
布施明に印税が入るわけでもなし。



↓コメントへのお礼

リストは、欲しいですよね。
Billboard Liveは、チラシさえなかったです(´・ω・`)
例の写真でも、ちょっと羨ましいですw
響鬼は、32話、33話に“かなり”出てます。
視聴はあの…“かなり”根性入れて見ないと、うぎゃぁぁぁぁぁ!となるかもw

コメント

ほんとですね、少ない。都倉俊一もそんな感じします。目の付け処鋭い。派閥とか、路線別とかあったのでしょうか。
ファン以前だったらカバー2曲と愛よその日までしか知りません。ファン以降も鐘は鳴るを動画サイトで聞けてるくらい。いやぁ50年、知らない曲ばかりだす。

ラジオでは埼玉奥地で撮影したって、長瀞のことかな。ただ、20話までって書いてある…。見られないのかも……。根性入れるから放送してください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

布施さんはやはり平尾まさあきや宮川泰のグループでは?歌詞ではなかにしれいが多い気がします。あくまで私の感想です。ほかの先生についていたらもっと売れたかも?とも思ってしまします。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る