壁紙

2014-02-14
壁紙1920×1080
あまりにも素敵な笑顔だったので、衝動的に作ってしまった。

でも、使うもんか!使うもんか…使うもんか…

デュアルディスプレイなので、1面をこれにしても…
絶対に使うもんか!ったら。

伊丹でも、
笑顔で歌うところだけ双眼鏡で覗きこんでました。
布施明の笑顔、大好き!

集中的に沢田研二の動画を見漁る
一人沢田研二祭をしたことがありましたが、
カッコ良いな、セクシーだなとは思うけれど、幸せな気分にはならない。
癒やされるというよりは、グレたい気持ちになる。

一方、絶賛開催中の一人布施明祭は、
カッコ良いな、カワイイなと思った上で、物凄く幸せな気分になる。
癒やされすぎて、笑顔で床につく。

私の好みから見た目も音楽も遠のきすぎているので、
今現在の沢田研二は、ほとんど知りませんが、
耽美とか退廃とかが似合う沢田研二に対して、
布施明は、影がなくて半端なく華やかなラテン男(主に顔が)。

70年代は、髪型も衣装もちょっと被ってたりするし、
酷いスケコマシな歌も歌ってるのに、何故か心が荒まない布施明の歌。

インタビューを見たり聞いたりすると、職人気質だなと思う一方、
ちょっと間が抜けてたり、おっとりしてたりして、
自然と見てるこちらが笑顔になってくる。

まとめると、
カッコ良くてカワイイ男・布施明

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 





    はるまき:@superharumaki
    世界中が布施明好きにな~れっ
    と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る