長音符

2014-12-10
日々、布施明が突然脳内再生されて、 楽しい 困っていますw

あんまり聞かないシングルの、しかもB面だったり、
1回だけ歌ったことがある程度の持ち歌でもない曲だったりすると、
なんて曲だったっけかなぁ~とモヤモヤ。(´ε`;)ウーン…。

黙々と仕事をしている時に、
脳内再生が始まると、仕事の効率アップどころか、
作業妨害用BGMでしかありませんwヽ(´∀`)ノ楽しくて仕事そっちのけ♪

そんな中で特に、
うるせーよwとなるのが、60年代明。

さすらいの丘

さすらいの丘
作詞:秋元近史 作曲:あづまのぼる

テケテケテケテケと聞くと、ベンチャーズ!しか思い浮かばない私ですが、
この元気溌剌!な布施明が、気持ちいい!気持ち良すぎだろ!伸ばしすぎだろw
さすらいの丘ぁぁぁぁぁぁぁ

青春の別れ
作詞:比良九郎 作曲:飯田三郎

東海林太郎ばりに直立不動で歌ってても良さそうな、伸びやかで丁寧な歌い方。
花マルをあげたくなるような歌声ですが、最後にはちゃんと伸ばしすぎw
別れぇぇぇぇぇぇぇ



デビューしたてですでに、
伸ばしすぎを求められる歌手だったんですねw٩(ˊᗜˋ*)وモットヤレ♪



↓コメントへのお礼

takiさんへ
三日前のハンバーグ…言い得て妙。ヾ(_ _。)ゴメンナサイw
でも、今はハンバーグではなく、とても良いお顔になってます。
こういう人を見ると、年を取るのも素敵なことだと思います。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る