50年の軌跡 -1979-

2015-04-12
君は薔薇より美しい
君は薔薇より美しい
詞:門谷憲二 曲:ミッキー吉野 編:ミッキー吉野
セ・ラ・ヴィ-人生なんてそんなものさ-
詞:布施明 曲:布施明 編:浅野孝己

恋のサバイバル
恋のサバイバル
詞:Dino Fekaris 曲:Frederick J. Perren 訳:布施明 編:林哲司
愛のメリーゴーランド
詞:Malani Bilyeu 曲:Micael Paulo 訳:清滝 編:林哲司

305の招待席
305の招待席
詞:門谷憲二 曲:鈴木茂 編:鈴木茂
ホテル・プルメリア
詞:布施明 曲:布施明 編:藤崎邦夫

カルチェラタンの雪
カルチェラタンの雪
詞:門谷憲二 曲:岡本一生 編:戸塚修
LANA
詞:布施明 曲:浜田金吾 編:戸塚修


デビュー50周年記念コンサート ~次の一歩~の予想
君は薔薇より美しい歌うでしょ、カルチェラタンの雪歌うでしょ、
恋のサバイバル305の招待席も、歌わなくもないような。歌ってくれるとヽ(´▽`)ノ

お花に疎いので、プルメリアがどんな花か分かってませんが、
ホテル・プルメリアの布施明のカッコ良さは分かってる!聞きたい!お願い。(,,=人=,,)


ハンサムジャケット
サバイバル
ジャケ裏のコスプレ警官も、とんでもなくハンサム。
歌わないことは分かっとりますが、エバー・ラブ・マイ・エンジェル

松方弘樹か布施明か
LANA
ですよ、このグラサンが似合うのはw
マーマレイドの朝か、君の理由と僕の道か。私はLANAが好き!

ジーノ・メスコリ・グランド・オーケストラ ラブ・サウンズ・スペシャル
は、愛媛にあるらしい。
東京には、こういうものがあるらしい。

の頃のCM

カルチェラタンの雪は、リッカーマイティ40なので、↑がいつ頃か不明。
愛を形に、電子のお針箱、リッカーマイティ。


変わったぁぁぁぁぁぁぁ!



↓コメントへのお礼

2015-04-10かおりんさんへ
五月のバラ、いいですよね♪
90年代の五月のバラが好きすぎて、今歌い直してもどうだろ?
と思ったら、やっぱり大好きでした!
東京国際フォーラム、映像に残してほしいです。
記念だし、オリジナルばっかりだし、DVD出るかな?出ますよね?


じゅんこさんへ
1978年は、働き者ですね。
ホントだwカモメの歌って結構あるんですね!パッと思いつくのが、かもめの水兵さんしかなかったw
年が近い人で、ダーリングと比べると、
ヴィジュアル系に走ってないから、大人っぽいかな?
キャーキャー言われるより、じっと静かに聞かれるのも、ちょっと分かる気がしますw

2015-04-10じゅんこさんへ
私は、そろそろのジャケットは好きですが、
AKIRA FUSE LIVEのジャケ写真はイマイチw好みが分かれますねw
takiさんへ
君の歌がきこえるのジャケ写真はどうかと思いますがw男前な年です!
この横顔、いい写真だなぁ♪元嫁で検索すると、時々良い物拾えますね。
私のイメージですが、演歌系はファンサービス命!
布施明と客層がちょっと違うと思うのですが、受け入れられているのか心配ですw
無事に博多座が終わることをお祈りしつつ、
歌詞覚えてってるだろうかwと 面白がって 心配しています。アーシンパイw(≧m≦)

コメント

1979年。私自身も輝いていた(はず)年。
布施さんもステキだなあ~
本当は50歳代の布施さんが一番好きですけど。
40歳代の布施さんなんて、男前過ぎて神々しくさえある(笑)
50歳代になって、やっと人間になってくださったというか…
2003年のファンの集いで撮ってもらった、
人間布施明さんとのツーショットは宝物です。


いい声です。

渡米後以降はとんでもなく素晴らしい歌声ですが、この頃の声、好きです。カルチェラタンの雪、夜のヒットスタジオのUP動画を何度視聴したことか。レコードだったら溝がなくなっている。
横顔、いい写真ですよね。ジョンとヨーコのイメージです。やはり正統派男前です、布施明。非の打ちどころ無しのプロフィール!あの完璧美女オリビアにも劣らず!
壁一面に引き伸ばして飾りたい。

ギター弾きながら歌った歌

何度となく、FCにギター弾きながら歌っていた頃の歌は、たまにはギター弾きながら歌って欲しい、と葉書を出しましたが、全く叶っておりません。
シクラメン、落葉が雪に、ひとり芝居、君薔薇などなど。
なんか理由でもあるのか?と勘ぐってしまったりするのですが。
50周年でもやってくれないんだろうな、きっと。

連続投稿すみません

letter from O とかI am you とかは禁止曲なのかしら?

若いころ「自分は布施明のファン」だと思っていたけど、こうやって順を追って歴史を辿ってもらうと、私はかなりいい加減なファンだったことが判明しました。知らない曲が多すぎる!!
再び日常に布施明が舞い降りてかれこれ2ヶ月、毎日聞き続けていますが、あ~この歌は10代の頃に聞いても、きっと今ほどは深く心に染み入らなかっただろうなあと思うものがたくさんあります。はるまきさんも言ってたように同じ歌でも聞く年齢によって感じることはずいぶん違ってきますね。
そういう意味で「305の招待席」はもう、ため息ものです・・・。

あと、大嫌いなアイロンがけも「something JAZZY」をヘッドフォンつけて聞きながらやると、はかどるはかどる!

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る