名古屋のこと

2015-12-28
スペシャルコンサート2015
宗次ホール

初名古屋!ヽ(´∀`)ノイェーイ♪

ですが、諸事情により、
どっこも観光していませんorz
もちろん日帰りでございますorz

遠目にテレビ塔を見て、
手羽先とエビフライと味噌カツを食べただけ(すべてテイクアウト)。
食べることは忘れないw

まぁ私、観光嫌いなんですけどねw
歩くの嫌いだし、1分も眺めてたら飽きちゃうし。

早めにホールがある栄に着いちゃったので、
場所を確認してから、どっかでお茶にしようとホールの入口に着いたら、
モニターに布施明が映ってる!?

音は聞こえませんが、
布施明が白いジャケット着て立ってる!
タダ見できんじゃん!音なしだけど!

母がいなければ、
ずぅぅぅっと眺めているところだったよ!←布施明を眺めるのは飽きない。

名古屋に来てまでこのお店ですかorz
という全国チェーン店で、ひつまぶしが食べたい食べたい…(・ε・*)ブツブツ。
と言いながら時間を潰しました。

名古屋らしいことホントしてないorz

宗次ホールの入り口では、オーナー自らお出迎え。
スタッフの人達も、皆さん親切そう。

「そう」なのは、特にスタッフの人と触れ合ってないからですが、
なんとなく「そう」と思わせる、良い雰囲気。
なにより、チラシと一緒にセトリくれた♪
しかも、透明クリアファイル入りという気の効きよう♪ヾ(゚∀゚)ノ゙ァリガ㌧♪

グッズやらCDやら本やらが、
あちこちに展示されていて若干カオスwな宗次ホールは、
思った以上に小さいホール。
舞台も、グランドピアノとバイオリンの人のイスだけで、一杯一杯。

セトリを見ながら、
母「今日はお芝居やらないの?」
私「やらないの(やってほしいんだろうかw)」

ピアノの人とバイオリンの人が舞台に上がって、音の確認。
バイオリンの人は、チョロっと音を鳴らすだけ。
ピアノの人は、タブレットらしきもののスイッチを入れ、
かけていたメガネを別のメガネにかけ替える。
準備ができたら、覗き穴に向かって合図。

タキシードにメガネの布施明、登場。
あれ?髪切った?

前半アカペラのAmaging Graceは、もうお約束ですね!
布施明の合図で、ピアノの人が弾き始めるんですが、なかなか合図を出さないw
伸ばしすぎwいつまで伸ばしとんねんwどこまでも伸ばしていくw
その間、布施明をじっと見るピアノの人w

この瞬間、いいえ、メガネを別のメガネにかけ直した時から、
今日はピアノの人が気になる日w

なんとなく、自信なさげなNESSUN DORMA
歌の音程や声量じゃなくて、歌詞が自信なさげw

間違ったって誰も分かりゃしないよw
なんてことを考えてたんだけど、なぜそう感じたのか?

おいおい張り上げすぎだろがw
ってほど、なにも問題ないかのように盛り上がりで張り上げていたので、
余計に歌詞に自信なかったのかwと感じたのかも。

私の考えすぎだろう。

ここから、
最近(気持ちだけ)過保護になっている自分を反省。
が始まる。

そのせいで、3曲連続でMorirde Amorだったのか、
その前にMC挟んだのかさえ忘れてしまったorz

帰宅後、Morirde Amorをググったら、知らない曲ばかり出てきて、
愛に死すを歌ったのか、知らない曲を歌ったのかさえも怪しくなったorz
表記は配られたセトリに準じてます。

間違いなく、愛に死すなんですけどねw
間違いなく、張り上げまくってましたけどねw

1年365日しかないのに、宗次ホールでは今年404回目のコンサート。
宗次ホールも布施明も、今日が営業納め。

宗次ホールがいかに素晴らしいホールか、
ホールの広報担当ですかwってほどに、宣伝する布施明。

音楽家にとって貴重なホールですもんね。

布施明のコンサートは、見終わった後、暗い気持ちで帰る。
なんて自虐も飛ばしますが、
今日は本気で暗い気持ちにさせたいらしいwそれは後半で。

通常のコンサートでは、2時間休憩なしですが、
今日は、20分休憩があります。←Σ(゚Д゚)チョ!1時間半で休憩なしと思って、帰り手配してたのに…帰れるか!?
昼の部でやりすぎたから、夜の部は短めに。←もう帰れなくてもいいから、やりすぎちゃってください!

最後の曲(嘘)、Ave Maria
予習で気にしていた「Santa Maria」を歌ったので、歌詞カードが悪い!

「Santa Maria」を日曜学校で聞いた時は、「三多摩のマリア」だと思ってた。
日曜学校の横は軍需工場跡で、そんな所でAve Maria歌っていいものかと聞いたら、
お父さんに、「家は、浄土真宗だから気にすんな」と言われた。

そもそも、歌っていいのか?と疑問に思った明少年に疑問なんだけど。
疑問は他にもいっぱいあります。

エンリコ・カルーソーの説明で、江戸時代って言ったよねw
布施明の言い間違いか、私の聞き間違いか。疑問だw

慟哭の原曲、Carusoの詞を
アメリカで思ったような活躍ができなかったエンリコ・カルーソーが、
故郷に戻って振り返るような、大したことない歌詞。

と説明している布施明をエンリコ・カルーソーにダブらせてしまう。
やっぱ、今日の私は考えすぎ。

慟哭のマイク外しが、
マイク外しても外さなくても、声の大きさが大して変わらないw
マイクいらねぇじゃんw

あまり深くしゃがまなかったけど、
しっかと抱えてる姿がすごく(・∀・)イイ!!

名古屋に合う曲をと、椰子の実歌う。
名古屋節も聞いてみたくなくもないw

私の中学校の音楽先生が、椰子の実が大大大好きでw
歌詞を暗記させられ、テストに詞を丸々全部書けと出題されました。
そのため、今でもスラスラと歌える曲。但し音痴orz

布施明は、3番なしで歌詞間違いもたぶんなく歌いましたが…
私の知ってる椰子の実じゃないw
素晴らしい張り上げで、実にいい声♪

今日の布施明は、張り上げも大概にしろよなw
というほど張り上げまくっておりまして、
Time to say good-byeの盛り上がりの張り上げったらw

まだ残り半分あるんだから、抑えて抑えて。
なんてことは、お考えになっていらっしゃらないんですなw

で、1部終了。

~20分休憩~

えっ!?もう!?早すぎない!?
1部よりも、休憩の方が長く感じる。

本当に夜の部、短めにする気じゃないでしょうね!((“o(>ω<)o”))
早く帰りたいしwてのは、考えてそうw←私の布施明のイメージは、いつも酷いw

再度、
ピアノの人とバイオリンの人が舞台に上がって、音の確認。
バイオリンの人は、チョロっと音を鳴らすだけ。
ピアノの人は、タブレットらしきもののスイッチを入れ、
かけていたメガネを別のメガネにかけ替える。
準備ができたら、覗き穴に向かって合図。

目潰し白ジャケにメガネなしの布施明、登場。
メガネありとなしの差はなんだろう?

CD音源で、     生音で、
君は薔薇より美しいシクラメンのかほり

(# ゚Д゚)マエストロ明じゃないのかよ!
今日は一日“マエストロ明”三昧だと思ってたのに!

大好きな曲なのに歌われるのが不満てのが…ウーム(-"-;)
狭くてステップが控えめなのか?腰が痛いのか?
いかんいかん、また(気持ちだけ)過保護になってる。

シクラメンのかほりを歌わないコンサートが見たい。
と思いながら聞いていたけど、凄く(・∀・)イイ!!シクラメン
皆が皆、何度も布施明のコンサートを見に行くわけじゃないんだから、
定番曲は歌わないと、楽しみにしてきたお客さんに悪いですよね。

ジャズ喫茶で歌う→ロックンロールでもロカビリーでもなく、洋楽ポップス
                     →カンツォーネ歌手→歌謡曲歌手
誰かが患う度に、大きな声で歌う少年登場
の流れを説明しながら、

ほほにかかる涙
君に涙とほほえみを
胸にのこる微笑 Si Vedrà←デビュー曲になるはずだった曲。60年代明が歌ってます。
これが青春だ
貴様と俺
おもいで

をさらっと歌いますが、超いい声だ!
おもいでは歌わなかったっけ?


次の犠牲者の前に、自分が患っちゃうかも。
の冗談に笑う、ピアノの人w

第九とか楽しい曲で明るく年を越す。
そういうの大っ嫌い。だそうですw暗く迎えてやるw

あんまり売れなくて、シングルになってないかも…
(゚Д゚)ハァ?なってるよ!シングルA面ですから!カルチェラタンの雪は!

交響楽団の音を使う理由説明…CD音源使うなって批判しにくくなるじゃん。(ಠ_ಠ)
でも、神田とは絶対!思ってやらない。

マイクなしの
( 」゚Д゚)」あぁあぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁぁ!
霧の摩周湖は、ピアノとバイオリンだけで。

日本のカンツォーネを目指したのに、いつの間にか演歌になっちゃった
…って自分で言っちゃダメ!演歌じゃないと言い張っていきましょう!

水島哲の葬儀に参列したことと、
先のCD音源を使う理由に戻って、

ここまで圧倒的歌唱力で歌った男のセリフ↓
音楽なんてそんな大それたもんじゃない

ですね。
楽しく暗く迎えりゃいいんだよ!

本を読まなくていいんじゃないかってぐらい丁寧な説明の後、
この手のひらほどの倖せ

泣いていらっしゃる観客が!
まぁ、この流れでこの曲じゃ、泣いてくださいって言ってるようなもんだわな。

どんどん落ち込んで新年迎えましょう!
●今年一番悲しかったことは、先日のラジオのケータイ話
●物書きになりたかったけど、ならなくてよかった
●何冊か書いた本の中で、自信のあるものもある←もしかして、パーティー・イズ・オーバーですか!?
●パーティー・イズ・オーバーは、300部(内150部自分で買った)しか売れなかった。
●一番売れたので、大人の読み聞かせ本のこの手のひらほどの倖せが1000部。
●売れた理由は、コンサートの度に持ち込んで売ったから。
●マネージャーが、東京駅で東北弁を話す日本人を外人さんだと思った
●↑お母さんに話したら喜ぶだろうな

暗い年の瀬ですねw

ピアノの人が、
私でも最低2回は聞いたことある話を肩を震わせてまで笑ってくれている。
なんていい人なんだ!もしくは、なんて記憶力のない人なんだw

私ではなく、
母が聞き飽きたと言っているMCで、夢でもいいから
花束を一つ一つ集めなかった。花束抱えはしたけど。

やっぱり今日は、動きが小さい。
舞台が狭くて動き回れなくても、手振りはできるだろうに、少ない。
先日のようなズレズレではなかったので良かったけどw

マイク隠しで、MY WAY
だからwマイクがあってもなくても変わんないじゃんw

マイクを出してからが短かったような気がするのは、
繰り返しがなかったからでした。

「に↑」かな?と思わせるような「に→↓」と同じように、
繰り返しなしにしていくのかな?ちょっと残念。

ピアノの人とバイオリンの人を残して、布施明退場。
その間も演奏が続き、拍手が止まらない!(゚∇゚ノノ"☆パチパチパチ!!!

アンコールは、
ネクタイ取っただけの布施明、登場。

なんにもめでたくない3人合わせて200歳になるバンド紹介。
バイオリンの人の
お父さん(バイオリン)、お姉さん(ハープ)、息子さん(バイオリン)まで詳しく。
ピアノの人を
こんなのにしちゃったwお父さん(サックス)まで詳しく。

私の席は左側なので、バイオリンの人はあまり見えなかったんですが、
バイオリンの人のネクタイはどういうことなんだw
シャツはどうなってんですかw双眼鏡持って行けばよかったw

404回目を「144回目の」と言い間違い、指摘してくれた観客を1回無視。
ざわつく中で、2回目の指摘も聞こえてないようで…3回目にようやく気がつく。

布施明の言い間違いを一々ツッコんでたら、話が進まないよw
一々ツッコんでる私が言うのもなんですがw

後方で見ていた、オーナーに挨拶。
来年もよろしく!
だそうです!期待していいよね!

そしてアンコール曲、
キタ━━━(→∀←)━━━!!
別れの曲私の希望が叶ったよ!

間奏の間に、初めて歌詞カードを確認…まさか歌詞忘れたかw
なんてことを思ったけど、
望み通りのシチュエーションで、目の前で!生で!歌ってるよ!

アンコール2曲目は、
やっぱり知ってる蛍の光と違う。

と思ったのは、張り上げすぎてるからwだと判明。
いや、ホントよく張り上げますw

3人舞台の中央に立って、
スタンディング・オベーション!(゚∀゚ノノ゙ブラボー!!ブラボー!!

・゚・(ノД`;)・゚・え~ん見えなぁ~い。←なら立てよ!

照明も、それなりに凝っていて、
とても素晴らしいスペシャルコンサートでした。

ただ、私が考えすぎた。

MCが、どこでなにをどう言ったのか思い出せない。
殆どが、お決まりのMCだったので、
それほど気にすることもないですけどw

一つ心残りは、
スペシャルコンサートのチラシを見つけられなかったこと。( ´Д`)=3



↓コメントへのお礼

きりちゃんさんへ
明治時代のお話は、Caruso椰子の実エピソードを詳しく伺いましたw
ホントに全然驚くほどに思い出せませんでしたorz
でも、それだけいろんなことに思いを巡らせられるコンサートで良かったです!
来年も、宗次ホールの布施明を見たいですね!


レオKさんへ
行けないのに行く方法を考えるのは、よくやりますw
堪能しすぎて記憶が飛びましたがw羨ましがられたい、素晴らしいコンサートでした!
三人目の方
大掃除?大掃除ってなんでしたっけ?w
予習の成果あり!で、大満足です!

コメント

宗次ホールのレポートありがとうございます!
すっごく行きたかったので、様子だけでも知る事ができて嬉しい、と同時に
ク〜っ悔しい…>_<… 「椰子の実」かあ、あの声で椰子の実かあ〜 聞きたかった。
別れの曲も生で聞いてみたい。
「来年もよろしく」って言ってましたか⁉︎ 宗次さん、また是非オファーお願いしましす。できれば土日で。
不思議MCも炸裂だったんですねw
昔の夜ヒットとか見てると、受け答えとか、モゴモゴ、シドロモドロしてる感じが多いのに、人って変わるんですねw

昼の部

明治のお話は 川上音二郎 と 貞奴。
どこに向かっていくんだ
どう落とすつもり とハラハラしながら聞きましたが
まあー長い事ながいこと 詳しいことったらありませんでした。
アメリカ横断 ロンドン パリまで行っちゃいました。
そのせいか 夜の部であった
ほほにかかる涙 ~ おもいで はありませんでした。
あーさらっとでもいいから いい声を聴きたかったな。
夜の部の方々良かったですね。(うらやましい)
宗次ホールの皆さんはとてもいい感じでした。
是非また 布施さんのコンサートでお邪魔したいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。
ここで様子が、わかって嬉しいです!
今年3月に明治村へ行って(阿川佐和子さん来た日)凄く感動したので、布施さんの明治の話、聞きたかったなぁw川上音二郎と貞奴!!(昔の本読みました)
でも、その場にいたら早く歌、聞きたいよねw

宗次ホールの宗次徳二さんも以前、日本経済新聞の連載で読み感動しました。
はるまきさんの取り上げる話題が、いつも私の記憶に繋がって、懐かしかったり、
ホッコリしたり、辛い事があっても笑わせてもらいましたw
ここのお陰でとても良い一年になりましたw
はるまきさん、皆さん、ありがとうございました。

有り難や。

何度読んでも出る涙、おなか痛い。聖夜にも増して布施明過ぎます!もしも夫あるいはお義母様と一緒にその場にいたら、何故か恥ずかしさで居たたまれなくなりそうです。
有り難うごさまいます。も一回読もう。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る