トム・ジョーンズな布施明祭り~6日目

2016-02-05
今日は、1971-07-10 Compack布施明~世界に羽ばたく布施明~
    1971-10-01 布施明がバカラックに会った時 雨にぬれてものみ。
Compack布施明~世界に羽ばたく布施明~ から。

雨にぬれてもRaindrops Keep Fallin' On My Head


ご存知!明日に向って撃て!の挿入歌。ポール・ニューマン、カッケー!
07:41~。もいっこ、バート・バカラックと歌うトム・ジョーンズ。両方好きな動画。

世界に羽ばたく布施明布施明がバカラックに会った時は、同じ音源。
バート・バカラックに指導を受けているからか、真面目( ー`дー´)に歌ってる。
それでいいんだよそれで…と思いながら、ウゥン♡に癒やされるw

Delilah


合唱したりダンスする歌詞じゃないよねwでも、この動画。好きだからw
他の何をおいてもコンサートで、トム・ジョーンズは歌うんじゃないだろうか。

そうだ!布施明はこれぐらいクドくないとw
楽しくない歌詞なのに、ウキ((o(´∀`)o))ウキ楽しいとはどういうこっちゃw
間奏に入る時の「オゥオォォ~ゥ↑」こういう余計な装飾が好きなんだい!

1986 ファーストクラス
で、ホストの井上順と歌ってます。促されて腰振りダンスもw
その戯れがなかったかのような力唱の布施明が、物凄く好きw

思い出のグリーン・グラスGreen, Green Grass of Home


ポーター・ワゴナーのカントリー。郷愁に誘われて癒される。死んじゃう歌だけど。
蝶ネクタイの歌じゃない?ならば、トム・ジョーンズが牢屋に入ってみたver.

「And there to meet me is」の引っくり返りそうな声や、間奏後からが特に好き。
全体的に寂しそうな布施明の歌声に(,,゚Д゚)キュン♡となる。
ネタバレ部分は歌ってないので、郷愁だけで終わってる。それでいいと思う。

行かないでIf You Go Away


後半のジャック・ブレルは、原曲Ne me quitte pas。演ずるように歌うシャンソン。
動く動画がないトム・ジョーンズは、ダイナミックに歌い上げる。

90年代以降の布施明なら、Ne me quitte pasを歌ったと思う。
だけど、70年代明だったらダイナミック型で、もっと(」>Д<)」叫んでもいいぐらい。
いやいや、十分歌い上げてくれてますけどもw

Daughter of Darkness


ラスベガスのショーってこんな感じなんだろうか?
トム・ジョーンズのマイクと、またもやコーラスのお姉さんから目が離せないw

ア゛ウッ!が聞けるからってんではなくて、この曲が凄く好き!
で、( ´∀`)ア゙ウッ!つってる布施明が、物凄く好きw
「Please」も、「Please」やめてのア゛ウッ!も、ラララで突っ切るラストも大好き!

恋はフェニックスBy the Time I Get to Phoenix
(跡地)

動画なし。ってか、グレン・キャンベルの曲だよね?
JASRACにも、トム・ジョーンズの名前はない。布施明はあるのに。

世界に羽ばたく布施明のトム・ジョーンズ・コーナーに収録されてる。
見つけたっ!と思った動画も跡地だし、英語も分かんないしで、┐( ゚д゚)┌サッパリ。
それはそうと、ビブラートでお昼寝できそうな布施明の歌声♪

よくあることサIt's Not Unusual


なぜこの動画を選んだかというと、面白いからw
こっちのトム・ジョーンズの動きも面白いwなんだよその腰の動きw

前奏から掴まれるwヘイ!ヘイ!うるさいよw
トム・ジョーンズのグルーピー並に、(」≧∇)」キャーキャー♡されればいいよ!
無限ループから抜け出せない、大好きな布施明なのです!ヘイ!

2003~2005 BS青春のポップス
ヘイ!の量は減ってますが、相変わらずな布施明wが歌ってます。
やっぱ、無限ループから抜け出せないw

Love Me Tonightは、
1970-11-10 布施明デラックス そっとおやすみと同じ音源。

他に、
1990-03-19 愉快にオンステージ      ←歌ったってほどじゃないけど。
1998-04-26 青春のポップス        ←とってもいい男。
2005-08-15 青春のポピュラーソング大全集 ←超全力!超オススメ!
で歌ってます。


布施明動画はめっきり減ったけど、トム・ジョーンズは白黒から動画が残っている。
トム・ジョーンズな布施明祭りを続けるのに困らなくていい。
そうです。まだ続ける気ですw



↓コメントへのお礼

じゅんこさんへ
紙ジャケかよ。なんて文句言わないから、早よCD化してくれぇ~。
トム・ジョーンズな布施明は、
二人ともカバー曲を沢山歌っているので、いつまででも続けられそうですw
売り切れても、リセールがあるかもしれないので、ギリギリまでチェックですね!


赤い薔薇さんへ
布施明がご機嫌だってだけで、凄く嬉しくて、これからが物凄く楽しみになります♪
興味ないないと言いながら
私も、シクラメンに感動することがあります。生は、心に響きますね。
耳、病気でなくてなによりでしたw
70年代ファンさんへ
トム・ジョーンズもエルヴィス・プレスリーも、腰振りでPTAに怒られますねw
もっとライトなファンのつもりだったのに、
布施明から入った音楽の世界が、どんどん広がって、
マニアックになりつつあるかもしれませんw楽しいから良し♪

コメント

お小遣いはたいてこのアルバム買いました。
バート・バカラックは映画つながりで
子供心にも知っていたけど
トム・ジョーンズは??なお子ちゃまだった。
だからこのアルバムを聞いても。。。
バカラックの曲に畏れ多くも
布施さんらしくないじゃんなどと密かに思ったり。
ていゆうか、日本人だと思って
バカラックさんちょっと×××してない?と思ったり。
子供って怖いもの知らず。
当時から あんまし聞いてないので 
そのうち機会を見つけて聞いてみよう。
はるまきさんの記事のお蔭です。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る