テキトートーク

2016-02-07
今日も、歌謡曲ってか演歌番組w
松原敬生のシャレアップ歌謡曲

歌って、
カラオケで歌うことが目的な人が多いんか。

私は、
一度もカラオケでスッキリしたことがないので、
歌は聞くもの。たまにコーラスして家族に笑われるものw

番組開始39分で、
お馴染みの布施明さん!(゚∀゚ノノ゙ヤンヤ!ヤンヤ!

今日は、タキシードではなくセーター

明:それ(蝶ネクタイ)がね、上手く結べた時、物凄く上手く結べた時とか、凄く暴れてる時とか、いろいろあるんですよ。それがね、あのあのその日の心を通すので、結構、あのぉやっぱり、蝶ネクタイが好きなもんですから、あのぉおタキシードになっちゃいますね。

傾いた心の時が多いんですねw

これだけは守ってきたこと

明:日本語を大切にしないとぉ、なんか日本語で歌ってて、それはなに英語なの?なんなの?って分かるようなものじゃダメだよって、(渡辺晋に)諭されてからは、なるほどっと思って、なるべく、そのぉ言葉を歌詞を丁寧に、大切に歌おうとしてますけどね。

凄く丁寧です。Good!(゚∇゚b

明:それとね、あの、作曲の先生もそうですけども、僕はね、あんまりね、あのその頃から、えっと、崩さないようにしてるんです。歌を。やっぱり一番最初先生が、先生方が作った、自分が作った歌もそうですが、最初に作った時のその、感覚みたいなものを大切にするために、なるべくメロディーをあの正確に歌うのと、それとあの、歌詞をあの正確に歌うっていうのをま、ずーっと50年間。殆ど50年間ですが、心がけているんですけど。

どの口がw

明:まぁ、キーがちょとぉ下げてもらったりするものもありますが、でも、基本的には、ゃあのぉ一番最初のもの、これね、最初に歌ったものを凄く下手でも超えられないんですよ。で、超えるためには、それをもっと正しく歌おうとしないとダメなんで、あのぉたぶん、そんんんんなには、変わっていないと思います。

よぉぉぉくお話を聞くと、そういう心構えってことか。

まぁ分からんでもないような気もするけど、
どの口が言うw

本日の宣伝1曲目
霧の摩周湖

水島哲の話から

明:もう、ホンンンントに沢山の作家、沢山のミュージシャン、沢山の歌手、沢山のスタッフと、あのぉ会いましてね、ほんでぇあのぉぉぉホントにそのぉ、皆協力し貰って、えぇ、からあるわけで、もぉおもうぉ、一人じゃもう、一人の力なんか何んんんにもならないですね。

ここにファンの皆様とか、お客様とか入れたら、布施明じゃないw

うたかたについて

明:あのねぇ、ええっと、ぃいいんですよ、その儚さが。あのね水ぅ、あのか、あの水、み水面に浮かぶ泡みたいなもので、我々のその歌っていうは、その軽音楽のこの歌っていうのは、そういうもんだと思うんですよ。でも、その一瞬、泡ができた、その一瞬というのは、あの凄くその、新鮮じゃないですか。水の上に水の泡ができる。でそういうものをですね、あのもし、感じていただい見て感じていただいたら、どっかにこの心のどっかに、こう留めてもらって、ずーっとあああの時、えぇ、こうだったなぁなんていうようなこの、えぇ今度聞いていただく一期一会のね、その、その時のその感覚をずーっと持っていただければ嬉しいなってことで、あのぉ「うたかた」というタイトルにしたんですけどね。

書き起こしではお伝えできない、ここの話し方が凄く好き。

松:その時の世相、世代ね。それから、自分はどういう位置でいたんだろうかってことを思い出す、もぅ役立つ歌がほしいですね。ですから、今まぁ、偉そうに言いますけど、時代を映し出す歌がなかなかねぇ、ないのがちょっと寂しいですね。

うたかた話からは、ちょっと話がズレてる…。

偉そうに言いますが、
それ、80年代でも70年代でも言っている人、いたような気がするw
皆共通のがないだけで、一人一人には、昔と変わらずあるんだと思います。

明:それね、ずーっと言ってるんですけどもこのコンサートもし、一番のおぉ私の幸せはね、そのショーの中でもいいですし、コンサートの中でもいいです、帰り道の中でもいいんですが、「あっ、私はあの時こうだったなぁ」なんていう、その自分の人生の1シーンをぉ、思い出していただけるようなぁ、そんな、その手助けができるコンサートだったらいいなという風に思ってるんですけどね。

それ無理じゃねw然程オリジナル曲歌わないんだから。

もしかして布施明のトークって、
相手に合わせの、行き当たりばったりテキトートークなんじゃないだろうか。

至って真面目に日々思ってることを語ってます。
だったら申し訳ありません。m(_ _;)m

どうも私の受け止めが間違ってるようですw

本日の宣伝2曲目
君は薔薇より美しい

松:私自身もね、やっぱりあの、今日こうやって布施さんにお会いできてねぇ、あぁ、孫子に自慢できますもんね。

松原敬生、あなたはなんていい人なんだ!

愛知県芸術劇場

松:その時に皆さん、タキシードのね、あの蝶ネクタイの締め方、ちゃんとチェックしてくださいよ。
明:曲がっててもなんにも言わないようにしてください

コメント

はるまきさんは、布施さんの一言一句聞き逃さずによく聞いてますね❗お陰様で布施さんがお話しされている姿が目に浮かびます(笑)
ライブでは、歌によって蝶ネクタイをほどきますね……あの瞬間ドキッとしたり、キュンとしたり……(笑)。布施さん蝶ネクタイとてもお似合いですよね❗

レイディ ガガが国歌斉唱

今日はスーパー ボウルの日です。布施さんが先日コメントしていたレイディ ガガが国歌斉唱。今は,入れ墨などしていますが、カトリックの学校に通っていた真面目なお嬢さんだったんですって。

丁寧な書きおこしをありがとうございました。私は,布施さんがアンニュイと「うたかた」で言った時に、ダダーッと昔、読んだ『悲しみよこんにちわ』に思いが馳せたので、彼の言っていることがとてもよくわかりました。歌ではなく、MCだったけど。

こちらの小学校の教師が言っているんですが、本を読む時に、自分の経験と照らしあわせながら、読むのは、good readerの一つの条件とか。歌にも同じことが言えるのかしら。あの時、こうだったわとか。でも、はるまきさんは、生まれていなかったからね。布施明の歌がが流行していた頃。。。

さあ、今日は、スーパー ボウルにどっかりとつかろう。ハーフ タイム ショーには、昔、マイケル ジャクソンも出たのよ〜。

…トーク。

わたくしも全く同じ感想をかなり前から持っております、布施明トーク。きっと瞬間瞬間にいろんなことが浮かんできてるんでしょうかねー。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る