終わりよければ全てよし

2016-02-25
2016-02-05
あの年この歌
~時代が刻んだ名曲たち~


1975年 年間シングル売り上げランキング
01位 昭和枯れすゝき/さくらと一郎
02位 シクラメンのかほり/布施明
03位 想い出まくら/小坂恭子
04位 時の過ぎゆくままに/沢田研二
05位 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカカッコマン・ブギ

/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

06位 ロマンス/岩崎宏美
07位 22歳の別れ/風
08位 心のこり/細川たかし
09位 我が良き友よ/かまやつひろし
10位 冬の色/山口百恵

オリコン調べ

一番のヒット曲なのに、1位じゃないんだw
というところが、布施明っぽくて凄くいい!と常々思っているランキングw

1位なのに、さくらと一郎がかわいそう。
という見方もできるランキング。

現在も歌われている1975年の歌
01位 ルージュの伝言/松任谷由実
02位 時の過ぎゆくままに/沢田研二
03位 卒業写真/松任谷由実

JOYSOUND調べ

入ってないねw
10位までのランキングの7位にいました。

この流れだと、
注目するのは、時の過ぎゆくままにがいいんじゃないかなw

でも、
今夜注目するのは、シクラメンのかほり

高:この曲好きでしたねぇ。カッコ良かったんすよ、この布施さんが歌う、あのギター、生、ギターを持って、たぶん、マーチンだと思うんですけど。

ビジュアル系の高見沢俊彦から、カッコ良かったって言われた!ヽ(´∀`)ノ

フォークシンガーじゃないのに、
フォークブームに乗っかって売れちゃってたら、そりゃ怒られるわなw
と思いましたが、誰かに怒られてるのかは知りませんw

昨日の記事の補足↓

評論家:(布施明は)歌謡曲の歌手の中でも、アイドル的な人気があって、尚且つやっぱ歌がめちゃくちゃ上手かった。


アイドル認定は、間違いじゃなかったんすなw

1972年の吉田拓郎/結婚しようよ
で、歌謡曲ヤバイんじゃないかと思った布施明。

そこで積木の部屋が生まれて、
シクラメンのかほりで、布施明は、歌謡界の新しい時代を乗り越え、
スターの座を不動のものにしちゃったw

辞めたかったのにねw

積木の部屋の次は、愛の詩を今あなたになんだけど…。
そんなことはまぁいいやwたっぷり褒められてっから♪

一方、借り物で作った歌詞に、
これは嘘ですよ、嘘ですよと練り込んだのに、
シンガーソングライターとして出世しちゃった小椋佳。

歌ってる人も作った人も、心境複雑ですなw

世の中思い通りにはいかんもんだけど、
人生は結果オーライだね。

と思える二人。当の本人たちが思ってるかはさておき。

高:曲だけではないんですよね。やっぱ、布施明さんという方が、こう介在してて、やっぱ、布施さんが、歌うことによって、この曲の素晴らしさを日本国中に知らしめたってことじゃないですか。楽曲の力でもありますけど、布施さんというシンガーの力でもありますよね。

「素晴らしさを」と「日本国中に」の間が、
カットされてるような気がするのは、気のせいかしらw

熱く良いこと言って、褒めてくれてるのにw



↓コメントへのお礼

アメリカのおばちゃまさんへ
私は、歌い出ししか知らず、ちゃんと聞いたことはないのですが、
何でも挑戦することは良いことだと…良いことなのか?分かりませんがw
いろんな顔を持つ布施明を楽しもうかと思います。


2016-02-23takiさんへ
ディナーショーは、実入りがいいと聞きますが、
自分が納得できる仕事をしたいと思うとこは、良いか悪いかは別として立派!です。
楽しみにしている人とのバランスをとるのは、難しいですね。

コメント

22才の別れ

はるまきさん、このカヴァー曲もいつかお願いしますね。うん、素敵だった(utubeでですが)。短いファン歴ではありますが、私の中での、布施明は、團伊玖磨、寺山修司、立川澄人にも、それなりに目をかけられた歌手。ちょっと見ると、学者っぽいとか、どこかで読みました。話が、かな。布施さんが育ったという、三鷹、小金井、武蔵野のあたりに、叔母とか友達がいたので、あのあたりの雑木林に、子どもの頃よく、遊びに行きました。望郷にふけるおばはんです。白いごはん、お餅をたべすぎないように。お顔のむくみ。。。健康状態を気づかってしまいます。ラジオの声もちょっと風邪気味だった?

いいものはいい

録画したものの暫し見るのを躊躇ってました。《シクラメン=小椋佳》で語られる番組だろなと思ったんで。高見沢さんも歌謡曲の人じゃないから結局、楽曲賛辞で終わっちゃうんだなぁ~と哀しかった...ら?! おや!
『布施さんというSingerの力』と。♪ヽ(´▽`)/ 高見沢さんって良い人じゃん!
あの時代、あのタイミングで《布施明シクラメン》のヒットは色々複雑だったかもしれないけれど、でも、いいものはいい! 今、コンサートでシクラメンを歌う時、とても丁寧に大切に歌ってくれる布施さんの姿を思うにつけ『終わりよければ全てよし』とホント思いましたわ。ナイス・レポ!ありがとね^^v
ギター抱えた若い布施サン。ちょっと影があって あぁ…カッコいい i-176

アイドル&真のシンガー!

やはり分かる人には分かる布施明、嬉しいですねー。
このところの皆様のリクエストコメントに乗じて、チョイつぶやいてもよいですか。
毎朝聴く布施明、今愛はルフランが超お気に入り。ララララがたまりません。布施明のララララが好きです。あとは愛の6日間しかすぐに浮かびません…、ほかにもあるのでしょうか…、きっとあるのでしょうね…、教えてほしい…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る