林哲司全仕事

2016-04-25


また布施明が書いた本ではありませんが、

布施明のことが載ってるかと思って買ったら、載ってることは載ってるけど、期待したほど載ってないし、期待した内容ではなかったけど、まぁまぁいいことが書かれてた。

という本。

林哲司ファンや、
80年代90年代の邦楽好きには、オススメ。

布施明のことは、

p.66:70年代林哲司の仕事
●初期林哲司で外せないのが、布施明との仕事
●ニューミュージック風をいち早く嗅ぎ取った布施明

古い上着をぬいで(編:深町純)→シクラメンのかほりから(編:深町純・林哲司)
そろそろ(編:林哲司)→今夜は気取ってみたらいい(曲・編:林哲司)
THE LOVE,DREAMS AND TEARS(編:林哲司)
めぐり逢い紡いで(曲・編:林哲司)→サバイバル(曲・編:林哲司)

夏の終りのメモリーTokyo Nightsが、ベストテイク。
君の歌がきこえるは、東京音楽祭金賞。

と流れを解説。

シクラメンのかほりからの編曲を深町純はしてたっけ?とか、
タイトル表記の気になる点はあるけど、褒められてるっぽい♪

他の70年代林哲司の仕事に、
積木の部屋(同名異曲)、愛の詩をあなたに(似てるだけ)のタイトルがw

p.86:林哲司インタビュー
●布施明や亀渕友香などの楽曲アレンジを始めたころは、トム・ベルを強く意識

言われてみると、分かるような気もする。
が、トム・ベルを知らなかったので、分かったふりw

p.192:初期林哲司の仕事
●布施明や木之内みどり、フォークのちゃんちゃんこなどの編曲

こうやって、新たに知る歌手の名前が増えていく。
新しい人は増えないけどw

p.202:朝妻一郎インタビュー
●構成がしっかりしているから、歌唱力のあるシンガーに歌われてこそ真価を発揮する
●布施明や亀渕友香といった実力派シンガーに取り上げられていた

歌唱力のある実力派シンガー、ガーガー… ←やまびこ風に。
(・∀・)イイ!!響き!

だけど、
私が買うべきだったのは、
だったのかな?σ・ω・`;)



↓コメントへのお礼

takiさんへ
なんだその動きはwと、派手に動くトム・ジョーンズは楽しいですが、
堂に入った今のトム・ジョーンズの歌声は、本当に素敵ですね!


2016-04-2370年代ファンさんへ
わっ!Σ(゚Д゚)ありがとうございます!
見てて、聞いてて、知らず知らずに笑顔になれる歌手が、大好きです!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る