洋楽ポップスとデュエット

2016-03-18
EVE(クララ)

1992年頃 音楽は恋人
デュエット曲:Cheek to Cheek
最後「ごめん」って謝ってるのは、たぶん途中で歌詞間違えそうになってるからw
ホントの恋人同士を見てるように、ニヤ(・∀・)ニヤが止まりませんなw

EVE三姉妹と歌う布施明も大好きで、擦り切れるほど…動画は擦り切れませんがw
音楽は恋人を見て、何度ニヤ(・∀・)ニヤしたか分からない!

(*´∇`)90年代明がカッコ良すぎて生きるのが辛い。

ナオミ・グレース
1999-05-30 青春のポップス
デュエット曲:恋のひとこと
殆ど前を向いて歌ってるから、イチャイチャ度が少なくて残念かというと、
ちょいちょい横目でチラッと見る二人の仕草が、なんとも(・∀・)イイ!!

音が物凄く悪い動画なのに、ループして見てるw
イチャイチャとは、奥が深いものだ。

西田ひかる

1999-10-31 青春のポップス
デュエット曲:A Whole New World
今から若い娘とデュエットするなら、目指すはここだよね!
父親と娘ってより、牧場主とドレッシーな美女というシチュで行きましょう!

↓の動画でも、主張の強い人だなwという印象は受けるけど、
言ってるコメントが、とっても良い子そう♪

アルベルト城間
20002-01-27 青春のポップス
デュエット曲:Tears in Heaven
前奏のギターの音から雰囲気醸し出してて、映った布施明がグラサンダンディ。
ポケットから手を出さなくても、体で歌ってる。揺れが止まらないw

アルベルト城間のような片手で調子を取る歌い方は、
90年代以降の歌手でよく見る気がする。外人さんでもよく見る。西田ひかるもしてる。

布施明は、メトロノームかよwという動きや、分かりやすい振りはするけど、
片手で調子を取る歌い方をしてるかな?←お次の課題にしようw

速水けんたろう
2005 BS青春のポップス
デュエット曲:バラ色の雲
デュエットというより、コーラス扱いかな?立ち位置も、布施明が一歩前に出てるしw
二人揃って腕振りダンスで歌ってるのが、物凄く好き!かわええw

腕振りダンスは、速水けんたろうと打ち合わせしてたのかな?
それとも、布施明に合わせてくれたのかなw

共演者も笑わずにはいられない、超ハイテンションな全力布施明w
私の見られないBSだって構わないから、青春のポップスよもう一度!

(*´∇`)2000年代明が楽しすぎて生きるのが辛いw



↓コメントへのお礼

アメリカのおばちゃまさんへ
なんでもやってみたい!の姿勢が良いですね♪
その中から好きな布施明を探せるのも良いです♪


70年代ファンさんへ
ハッチポッチステーション大好きだったんです♪
見てた当時は、元ネタが分かってなくても、凄く楽しい番組でした♪
ちばちゃんへ
ウエスト・サイド物語の布施明、本当に歌うことが幸せ♪
というような笑顔で、見てるこっちが幸せになります♪
赤い薔薇さんへ
私は、見つけた動画を貼ってるだけで、うp主に感謝です♪
記事を書きながら動画を見返して、布施明にも感謝です♪

コメント

音楽は恋人の二人、ホントに素敵ですよね。
二人の甘い声が曲にもピッタリだし、何より布施明がカッコいい!
初めてこの動画を見た時は、確かに顔がニヤニヤしちゃった(*^^*)
20代の頃の辛そうな表情で歌う布施明にいつも胸を鷲掴みにされるのですが、
この幸せそうな表情もいいなぁ〜。

牧場主とドレッシーな美女って…相変わらずはるまきさんの例えは笑える。

cheek to cheek

観る度に笑ってしまいます。布施さん、ニヤニヤ、デレデレしないの。喜びを隠しきれない素直さがあるのね。

これは、なかにし礼さんの詩もちょっとおふざけです。〜そうさ、魚釣りは、釣った魚を食べることさ〜なんて。

40代のプレイボーイ的雰囲気から、大御所として朗々と歌いあげ、もと慶応の不良学生だった、今は、大作曲家の平尾昌晃を大感激させてしまった『。。。不死鳥』の布施明。全部布施明が歩いて来た道を、覗かせていますね。うんうん。よくやった。しんみり。そして、その時代を共に歩んできた、我が人生にも思いを馳せてみたり。。。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る