ジャズシンガーとデュエット

2016-03-20
マリーン
1997-12-21 BSジャズ喫茶
デュエット曲:Santa Claus Is Comin' to Town
超!カッケー!こんなカッコ良いサンタさんだったら、毎日町にやって来ていいよ!
二人とも凄く音を遊んでるのに、全然外れない!なんて完璧なデュエット!

クリスマスになったら絶対に記事を書こう!と思ってたら、
書く前に消えちゃった大好きな動画。NHK様、どうかどうか再放送を!(;人;)

同日のスリー・グレイセスとのMele Kalikimakaも、凄く(・∀・)イイ!!


2002-12-24 70年代ポップスセレクション
デュエット曲:You Are Everything
キー大丈夫かwと心配になる。でも、大丈夫なんだねw危なっかしさが、クセになるw
布施明は、余裕しゃくしゃくなのかもしれないけど、私にはギリギリに聞こえるw

歌う前の「Oh,darling」と、サビのところは、とってもいいんだけどね。
どんどん、どんどん苦しそうにwキーは、どっちに合わせてんだろうか?

アンリ菅野
1983-02-11 魅惑のファンタジー
デュエット曲:霧のロンドン・ブリッジ
これはデュエットと言えないなw
アンリ菅野は、「う~うぅぅぅ」って歌っただけで捌けちゃってらw

村上ゆき
2006-10-19 シブヤらいぶ館
デュエット曲:Fly Me to the Moon酒とバラの日々
しっとりウットリの歌声に、気怠く癒やされる。ああ、だり~。ああ、きもちいぃ~。
「and run away」の仰け反りw布施明は、動きだけでも癒やしてくれるなw

ジャズバーにこの二人の歌声持ち込んで、ウイスキーを一杯やりたい!
ジャズバーに行ったこともないし、ウイスキーも飲めないんだけど。

布施明のジャズバーがオープンしたら、連日入り浸る!
いっそ、住み込みで働かせていただきます!

聞き入って働きませんけどもw(∀`ヾタハw



↓コメントへのお礼

赤い薔薇さんへ
私が見ることができた動画だけでも、これだけあるのですから、
もっともっとデュエットしてるでしょうね。まだまだ見たいです!
五木ひろしとクララ…(≧m≦)ププッw
ジャンル違いのデュエットは、想像するだけでも面白そうですw


2016-03-18アメリカのおばちゃまさんへ
どの年代の布施明も、布施明の持ち味と、その時その時の魅力があって、
(私にとっては、)昔は良かったなぁ~にはならない歌手です!
この3年ぐらいしか、リアルタイムで見てないからでしょうけど、
プレイボーイな布施明も、朗々とした布施明も、楽しいです♪

コメント

You Are Everything

去年、この歌をyoutubeで聞いていたら、仕事をしていた夫が私の部屋にきて、「それはStylisticsというグループのソウル ミュージックだ、聞いてみろ」とかなりの熱のいれよう、しかも、私のiPhoneにまで、このお気に入りらしき歌を入れてくれました。オリジナルは、布施さんとマリーンより軽く歌っています。しかも、1、5億人以上の人が観賞(聞いた)。流行ったのね、この歌。メロディーがいいですね。

Fly Me to the Moonは、布施明のやわらかい、やさしい声が素敵に反映されていて「いいなあ」といつも聞き入っています。

先日、日本人の方達におくればせながらのひな祭りパーティを、我が家で開いたのですが、一人の方は、布施明のレコードを1枚だけ持って、アメリカにお嫁に来たんですって。その話をきいていたら、平尾昌晃作曲の『瀬戸の花嫁』を思いだしてしまいました。その方、今でも、お幸せそうです。

スタイルスティックスと布施明
アメリカのおばちゃま様とご一緒に、観賞したいわ〜
矢沢永吉さんがヒットしていた頃、私達学生はソウルミュージックでしたぁ〜
ディスコでは、スタイルスティックスでした〜 (まだ、気にしてますw)
ツイスト、ゴーゴーの時代ではありませんw

70年ファン様とはるまきファミリー様と共に

いつか、皆でディスコを踊れたら楽しいですね。そうそう、先日の山本リンダの『狙いうち』という張楽しい歌で、山本リンダの横で身体を動かしていた布施さんのあのおどりもディスコかなあ。イカシタ顔をして、ノッテいましたね。彼にも、加わっていただきましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る