ボクと魔王

2016-04-28
って、プレステやってたのではありません。


全国の中学生に笑いと衝撃を与えた、魔王です。

1978-03-26
オーケストラがやって来た
布施明 ぼくのシューベルト

司 会:山本直純、マリ・クリスチーヌ
ゲスト:白系燕尾服の布施明+メガネ
オ ケ:新日本フィルハーモニー交響楽団

オーケストラで
今夜は気どって ←番組の表記
作詞:布施明 作曲:ロバート・ヒューズ 編曲:伊東慶樹

今夜は気取ってる布施明も見たいし、
打ち合わせ中の布施明も見たいし、
う~んどっちもゆっくり見たい!画面の切替うぜぇ!

けど、いろんな角度から布施明を見せてくれる。

顔がテカテカしてる布施明の歌声も、
入念な打ち合わせや、灰皿にお茶をかけたり、ヒールの高さ自慢をしたりw
の上に成り立ってるんだなぁ。

タバコは、パーラメント?しかし、白い箱はすべてセブンスターに見える私w
ライターは、100円ライターというものが当時あったならば

山本直純とのトークは、
借りてきた猫のような布施明。

山本直純がよく喋るから、そらそうなるかw

布施明が似てる人
シュバイツァー
リンカーン
メガネかけたらシューベルト
揉み上げ生やすと尾崎紀世彦

山:シューベルトのリートを皆さんにお聞かせしたい。そしてそれを歌うのが、なんとこの布施ひ、明くんでございます。

博かと思ったw

山:シューベルトってぇいうと、なんか思い出すことがないですか?
明:そうですねぇ、あのぉ~凄く優しいという。
山:うん。
明:あの凄く純な感じがすんですね。
山:君は幾つですか?
明:僕は30。
(会場から小さく笑い)
山:シューベルトは31歳で死んじゃったわけですねぇ。
(会場から笑い)

の後の、布施明の苦い表情が大好きw

シューベルト、30歳にして600曲の歌曲を書き、
布施明、30歳にして100曲台の曲を書く。

山:恥もかいてるけど、曲も書いてるという。
(会場から笑い)
明:恥は600ぐらいかいてるw


お送りする曲は、
すべて作詞:布施明

大変な気の入れよう
なのは確かですが、単に好きなんだねw

CM明けに

明:あのですねぇ。
山:はい。
(会場から笑い)
明:あのぉ~急に失礼ですけれども、
山:はい、はい、なんですか。
明:シューベルトのことで、
山:おトイレでも行きたくなった?
(会場から笑い)
明:いえいえ。
山:ああ、そうじゃない。
明:あの、シューベルトというのと、なんか似てるんですが、あの、アメリカの大統領だった、ルーズベルトってのとはなんか関係があんですか?
(会場から笑い)
山:そりゃ困ったねぇ。ルーズベルトとシューベルトね。ベルトが似てるって以外に別に、言い様がないんすが。あれはまぁ兄弟だっていう説もあるけど、
明:ああそうですか。
山:全く違うんでね。
明:えぇ。
山:シューベルトの
明:きょうw
山:今日はセレナーデをやってもらおうってわけですね。

台本ぽいけど、
「きょうw」と、おそらく兄弟にウケてるっぽい布施明がかわいいw

山:窓辺でギターだとかマ、あのマンドリンとかのね、弾きながら、女の子のぉお部屋の前で、男がそ、あぁ星を見ながら歌うというような

のが得意な布施明。

華麗なる誘惑
甘きセレナーデで、既にやってるもんねw

ク:布施さんは、女性に愛を告白するときはどういう風にしますか?
明:あんまりそんなことしないですね。
(会場から小さく笑い)
ク:しないんですか。
山:車ん中なんか、こう君乗れよなんつって連れてってなんか、海辺かなんか行って、なんか言ったりなんかするんじゃないのw
明:見てたんですか。
(会場から笑い)
山:えぇあぁもう、そうやって見てま知ってんだけどね。あぁそれでもまだ未だにお嫁さん決まんないところを見ると、
明:あ、そう。
山:口説き方が悪いんじゃないかな。
明:下手なんだなぁ。
(会場から笑い)

なにを仰るウサギさんw

その一
セレナーデ
作詞:布施明 作曲:シューベルト 編曲:伊東慶樹

ワイプで、
シューベルトの肖像画と同じポーズをとって、
( ゚д゚ )こっちみんなw

訳詞ではなく作詞:布施明。
間で、ルートヴィヒ・レルシュタープの詞も歌う。

布施明の顔をアップにしすぎて、
ラストに持ってた花束を投げてるようだけど、映ってないw
意味のない天井を映して、下手くそカメラめ!

クラシック曲だから、
お腹から声を出した伸びやかな歌い上げ。
夜窓辺で歌われたら、とても近所迷惑w

山:どうです?シューベルト歌ってみて。
明:そぉですねぇ。んーやっぱり凄くこのぉ、メロディーが、柔らかぃくて、ひょっ、ひょっとしたらこの人は凄く純な人だったんじゃないかと思うんですね。名前がだいたい柔らかいでしょ。シューベルト。なんかハチャトリアンなんていうと、なんか、おっおっちょこちょいみたいな感じ。
(会場から笑い)

ハチャトリアン、いい迷惑w

山:布施くんはどうやって作曲しますか?
明:えぇと大体僕は、あのぉ仕事終わって、家へ帰って、
山:一杯やりながら。
明:えぇそうですね、一杯やりながら。
山:ギターなどをつ、ツマヅいて。
明:そうです。ツマヅクじゃないw爪弾くw躓いてw
(会場から笑い)
山:爪弾いてねw躓いちゃわないからねwどうも失礼しました。

躓く動きをする布施明の、引きの映像が見たかったw

ク:布施さん、あの曲を作るのと歌うのと、どっちが楽しいですか?
明:そうですねぇ、あのぉ、やっぱり作るのは趣味なもんですからね、どっちかというと、家でボロボロ作ってる方が、やっぱ楽しいことは楽しい。
ク:どういう曲が多いですか?ラブソングとか。
明:やっぱり僕らの、この感じの歌っていうのはですね、ラブソング以外ないもんですからね。
ク:はぁ~だけど、ラブソング書くにはね、やっぱり経験がないと、そういった感情ってものが湧かないんでしょ。
(会場から笑い)
明:まぁよくそう言いますけどね。そうですよ。
ク:布施さん、そうですか。
明:はい。
(会場から大笑い)

「ラブソング以外ないもんですからね」と答えたトーンと、
「そうですよ」の真顔の冗談が、とっても好き!

どちらも斜め左下から布施明の顔をアップ。
このカメラさん、アップがお好きなようですが、( ´∀`)bグッジョブ!

明:えーと、やっぱりこのぉ、あのぉ何百年も前ね、やゃやっぱり心の安らぎというか、なんか、えぇー音楽というものを通じてね、いつものんびりと平和にぃ、いぃ楽しく生きていたいと、思ったんだと思うんです。そういう風に思ってたんだと思うんです。でも、今の人もね、現在にい、生きてる人も、やっぱり心の中では変わらないと、何百年経っても、なんか、えぇ心の中ではからなくてね、音楽っていうものは、そういう感じで生きてるんじゃないかなぁと、思ったことをえぇ歌に、してみたんですけどね。

という思いで↓

その二
楽に寄す
作詞:布施明 作曲:シューベルト 編曲:水谷川忠俊

再度で、
シューベルトの肖像画と同じポーズをとって、
( ゚д゚ )こっちみんなw

オーケストラと布施明の映像が重なったり、
オーケストラ後方から布施明の背中を映したりして、
オーケストラとの一体感が感じられる良い演出!
意図してるかどうかは知らないけど。

そして、シューベルトは純だ、純だ
と言う布施明の、純な歌詞。

楽に寄すっていえば、
布施明フリークにはお馴染みのAn die Musikですよね!

明:これはあの、シューベルトの、歌のタイトルでもあります。それを引用させていただいたわけですが、えぇ日本語のタイトル、日本語の題が、An die Musikの題が、えぇ楽に寄す楽に寄せて。というぅタイトルが付いております。楽は音楽の楽ですが、楽に寄せてというタイトルがついなんと凄い題、題なんでしょ。ホントに素晴らしいタイトルだなぁと思います。これを聞くと、ホントに日本語ってのは、美しいし、素晴らしいなぁっていう風に思います。

2001年ドラマティック・コンサート An die Musik ~いとおしく想う唄に寄せて~

70年代明が、2000年代明と同じ感想とは限らないけど、参考までに。

本日のメインディッシュ!
魔王がやって来た

浜村純並みにネタバレする山本直純

山:魔王っていうと凄いおっかないかと思うけど、凄い優しい声で「坊や、こっちへおいで。家には綺麗なお姉ちゃんたちがいるんだよ」てなこと言ってねぇ。
(会場から笑い)
明:僕だったらすぐ行っちゃう。
(会場から大笑い)

でしょうねw

ク:難しいわねぇ。
山:うん、コンクールの課題曲にもよくなるけども、普通のあの歌曲ばっかり勉強している人でもなかなか難しい曲です。それで音域は凄く広いしね。
ク:で、布施さんはその両役をやるんですか?
明:えぇ全部やるんです。
(会場から小さい笑い)
山:当然なんです。これを歌うってことは、全部やるんです。そして彼は、
ク:大変。
山:しかも全部(作詞し)直して。

難しい曲なんだよ!ということを
全国の評論家の方たちには、お忘れにならないでいただけますように。(,,==,,)

明:えと、最初はですね全部直した方がいいんじゃないかという話で、違うこうシチュエーションにしたらどうかと思ったんですね。それはあの、公害の、えこれ川崎の話にしようと。で喘息にかかってる子供をお父さんがオートバイに乗せて、病院まで運んでいくという。で病院に着いた時は、息が絶えちゃった。それがもうあそこにいろいろこうあの、煙突から流れる煙がですね、あすこにお化けがいるとか。

になる予定だったけど、出来上がりは、大体ゲーテ。

その三
魔王
作詞:布施明 作曲:シューベルト 編曲:リスト

再々度、
シューベルトの肖像画と同じポーズをとって、
( ゚д゚ )こっちみんなw

音楽の時間、
子供たちの心を捉えて離さなかったオペラ歌手と比べて云々は、余計です。
ってか、比べられるだけの音楽知識がありませんorz

だから、布施明好きとしての評価↓
(゚∀゚ノノ゙ブラボー!!ブラボー!!

舞台の照明は暗くなり、一点のライトが不気味に光る。
オーケストラの後方に飾られていた木も、大揺れで、雰囲気満点!

黒マントを羽織った布施明は、
恐怖心を煽る語りに、頼りになりそうな父親。
必死に父親に助けを求める子供の声がドンドン叫びに変わっていき、
猫なで声の魔王から、恐ろしい魔王への声の変化。
と、語り、父親、子供、魔王を見事に歌い分けています!

なにより、
一回こっきりの番組のために、ビデオ化もされない番組のために、
自分で詞を書いて、詞を覚えて、全力を注ぐ布施明!に
(゚∀゚ノノ゙ブラボー!!ブラボー!!

最後は、
コンサートマスターに布施明が花束を渡して、番組終了。


やっぱ見てなんぼだけど、
どんな布施明かを記事にしたくて、できるだけ書き起こしてみました。

見る前は、
50周年記念スペシャルブック
に載っている東海林太郎のような布施明を想像していたのに、
全然違って見た目は普通だった。


で、1分間指揮者してる回とは違っていたので、
TBSは布施明の映像をまだ隠し持っている!



↓コメントへのお礼

アメリカのおばちゃまさんへ
iTunes使ったことがないのですが、
日本向けと海外向けで曲が違うのでしょうか?
ジャズ明は、ダメにはならないと思いますが、新しいツアーも楽しみです♪

コメント

おと~さん おと~さん

(。-`ω´-)見たい… もの凄く見たいのに...え~~~っ!
DVDに入ってないんっすか?あの神回(妄想)が!? 
当時、この番組の年間名場面特集で『おと~さんそこ~にだれ~かいるよぉ~』と、布施さんのか細い声と暗い顔が一瞬流れ、見逃してしまった自分の愚かさに身悶えしましたが、今アマゾンで発見できなかった悔しさにトドの如くのたうちまわっております。昔のテレビ番組はホント良かったわねぇ奥さん。
それにしてもオートバイってか。さすがは布施さん、何と斬新な発想!
メットで声、聞こえんがな…(・ω・`)あ、布施親子ならありかもね。

み、見たい‼️

え〜、何これ? 私もめちゃくちゃ見たいんですけどっ!
1978年って、30歳って、え〜、見たい〜っ!
?はるまきさんは、なにで見たの?

伝わります!

うれすい、雰囲気バリバリ伝わります、ありがとう。
セレナーデジャケ写真を見て、余談ですが一言。NHK新番組紹介で、坂本九ちゃんを演ずる錦戸くんが布施明に見えて仕方ありませんでした。

私は〜
映画版 のだめカンタービレ のタクトを振る玉木宏を布施明に脳内変換して楽しめますw

また私、変なこと言っちゃってますかぁ〜

遅ればせながら・・・

リアルタイムで見たし、私も年間名場面集でも見た覚えがあります。
映像みる迄は、音源だけで聞いていて場面を想像しながら楽しんでいました。
やっぱり魔王は、音源だけでも演じ分けが伝わってくるほどの歌唱でした。
当時の私はフォークシンガーのイメージが強かったのでww
こんな歌曲も歌われるんだと本当にこの番組は、衝撃的でした。

TBSチャンネルでもいいから再放送して!!
見ていない方にも見てほしい番組です。
ワイプのポーズは思わず吹き出しそうになるけど・・・WWW

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る