布施明 ある愛の詩を歌う

2016-07-11

ある愛の詩
Love Story/1970(米)

今だったら、そのままラブ・ストーリーで放映するんだろうな。
ラストまでにもっと、ハラハラドキドキの展開があるんだろうな。
この邦題でこの物語なのは、作った時代のお陰。リメイクでなく続編ができたのもw

←残念ながら、三浦友和・山口百恵収録なしw


ある愛の詩
(Where Do I Begin?)Love Story
作詞:カール・シグマン 作曲:フランシス・レイ
歌:アンディ・ウィリアムス(映画は、インスト)

当時の動画でいいのがなかったので、ご年配になってからの。それでもいい歌声!
アンディ・ウィリアムス自らの日本語ver.
ゴッド・ファーザーもだけど、こういう企画にノッてくれるのねw


↑は、2004-11-07 BSあなたが選ぶ映画音楽

1971-06-20 日生劇場の布施明
       青春のポップス
2004-11-07 BSあなたが選ぶ映画音楽
2008-07-01 布施明 愛を唄う(70年代明)
2010-04-09 金曜バラエティー
2013-06-16 BS日本のうた
2014-08-06 日本の名曲 人生、歌がある
これもかなりの頻度、歌ってる。

70年代明も素敵な掠れ声で、ベスト盤の布施明 愛を唄うなんてセリフ入り♪
だけど私の好みは、金曜バラエティーの声の太さ!お昼のひと時にこの声は勿体ない!

ソロで歌う時は、英語。デュエットは、日本語。
これまでのデュエットは、お世辞にも成功したとは言い難い出来だけど、
悪いわけではないので、日本語詞(訳:岩谷時子)を一人で歌うのも聞いてみたい。
カンペめっちゃ見てるのが分かるので、まずは歌詞を覚えてからw



↓コメントへのお礼

takiさんへ
伊東ゆかりの、かわいらしくて高い歌唱力は、素敵ですね!
今でも変わりなく素敵なままなので、いい歌手だなぁ~♡


70年代ファンさんへ
布施明は、年代によって結構変化していると思うのですが、
どの年代も、それぞれの魅力で暑苦しく感動させてくれます♪
みどちんさんへ
西城秀樹も70年代明も掠れ声で、似ているところがあるのかもしれませんね。
西城秀樹は慕ってたようですし。熱帯な歌声は、間違いなく共通してると思いますw

コメント

ザ ピーナッツ

日本にいた頃、よくTVに出ていたザ ピーナッツは、私にとって、それは懐かしい歌手です。亡くなったとは、淋しい限り。

『うたコン』で、布施明はピーナッツの歌をうたうのかしら。ピーナッツに憧れて,歌手になったのですから、哀悼の思いも深いでしょうね。

今日、水中エアロビクスのクラスで使われた音楽は、gloria gaynorの”I will survive”でした。そこで、私は,布施明訳詞の”恋のサバイバル”を歌いながら体操。気持ちよかったです!

本日の「うたコン」good!!

今日のうたコン、ヨカッタ!

加山さんと布施さん並んで座ってらしたのですが、やはりお二人は
気品が伝わるようです。
「恋のサバイバル」かとおもいきや「霧の摩周湖」最後を飾って
布施さんのお歌に大満足!ステキでしたね。きょうは、加山さんが白のジャケットだったら、布施さんは?って拝見してましたが、今夜の布施さんはダークトーンで臨まれましたね。ザ・ピーナッツへの気持ちからでしょうか。。。ふと思ってしまいました。でも、ちょっと早かったですね ザ・ピーナッツさん、安らかに眠ってください。

うたこん

ザ・ピーナッツの懐かし映像がたくさん。
永六輔さんも。
布施さんは どの方ともご一緒されてて なお 現役。
霧の摩周湖は50年の前に発表された曲なんですね。
そんな昔だったのかと 改めてびっくり。
今日一番の驚きは
布施さんのお耳のイヤホン。
そんな日も来るのですね。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る