布施明 ホワイトナイツ/白夜を歌う

2016-09-14

ホワイトナイツ/白夜
White Nights/1985(米)

ミハイル・バリシニコフとグレゴリー・ハインズのダンスだけでも、見る価値あり!
アメリカのドラマを見てると、タップ=ダサい、というような風潮があるようだけど、
見てよ!どこがダサいっていうの!映画と関係ないけど⇒神々

←Amazonビデオ、結構便利。


セイ・ユー・セイ・ミー
Say You, Say Me
作詞:ライオネル・リッチー 作曲:ライオネル・リッチー
歌:ライオネル・リッチー

グレゴリー・ハインズとライオネル・リッチーの区別がつかなかった過去を認めるw
スローなバラードで感動を盛り上げながら、SF映画でも使えそうな
「So you think」へ切り替え、「Believing」へ切り替えが、ホント好き!

1988 ミュージックフェア
動画は消えました。

服装は、SF的な↓


いちいち感情入れてく歌い方の、
「alwaysんんん♡」とか、「park」の「ぱ」とか、
書き出したらきりがない布施明らしさがいっぱいw

「always」の後には、
んんん♡」を入れなきゃならないルールがあるらしいw

「Believing」からのカッコ良さを
カメラが正面から映してて、壮大に壮大でカッコ良い!
宇宙スペースナンバーワンな、宇宙が広がる!

細かなフェイク効かせながらの伸ばしや、
ラストの「うぉおぉおおおぉおおお」の叫びが、めっさいい声!

80年代明も、90年代に近づいた後半は、
非の打ち所が服装しかない!服装以外は完璧!



↓コメントへのお礼

キャサリンリンさんへ
「滋賀と岩手のハーフ」は、布施明が以前からちょこちょこ言っていた言葉です。
私は、いつでもどこでも布施明と呼び捨てですが、
茶化して呼び方を変えることはありますw


カオリンさんへ
とくダネ!の話題に出たことは知っていましたが、映像まで出てたのですね!
最近なにかと君は薔薇より美しいがメディアに取り上げられているようで、
その度に布施明映像が使われるのは嬉しいです♪

コメント

グレゴリー・ハインズ!

もうはるか昔、ミュージカル『ソフィスティケイティド・レディス』の舞台で初めて彼の踊りをみて、タップって凄いな、と思ったのが最初。力強い洗練、すばらしくかっこよかった。その後映画にバンバン出るようになりましたね、CMにも。
この大全集だと、ついつい布施明よりも大元ネタに反応しがち、楽しんでます!!

ホワイトナイツ

そうそう、とにかくダンスがすごかった! ダンスしか覚えてない。内容はすっかり忘れていて、見たことも忘れてましたが、もう一度見たくなりました。
ツタヤで借りてこようかな(あるかな?)。

たま~にバレエを観ることがありますが、男性のバレエダンサーの、背中に羽が生えてるのかと思うような、体重を全く感じさせないジャンプにいつも驚嘆させられます。さらに女性の体重も全く感じさせないように軽々と持ち上げるあの腕力にも驚嘆します。衣装だけ正直、ムムムって感じですが。

男性バレエダンサー、たいてい“非の打ち所が服装しかない!服装以外は完璧!“です。布施明もそのパターンが割と多いよね。。(わたし的にですが)

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る