布施明 シェルブールの雨傘を歌う

2016-10-01

シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg/1964(仏)

ミュージカルって、日常に突然歌い出すもんだと思ってたら、歌しか歌わないw
OP後、トレンチコート着たおじさんが、いきなり歌い出して驚いたよw
歌って、色使いがパステルで、現実味が薄いのに、現実的な人々w

←途切れることなく流れ続ける音楽が、(・∀・)イイ!!


シェルブールの雨傘
Les Parapluies de Cherbourg
作詞:ノーマン・ギンベル 作曲:ミシェル・ルグラン
歌:カトリーヌ・ドヌーヴ&ニーノ・カステルヌオーヴォ

(ダニエル・リカーリ&ジョゼ・バルテル)


こんな歌い通しなのに、歌吹き替えたらだめじゃん!
と思うのに、カトリーヌ・ドヌーヴは目の保養♡
ダニエル・リカーリは、男と女とは違うダバダバの人。高音すげぇ!


1989-06-17 特集・ピアノでポップスを―グッバイ音が苦 ハロー音楽―

これは歌ってるといえるのかw
「ラララ」とほんのちょっとだけど、歌ってることは歌ってる。

更に歌ってはいないけど、
マイ・フェア・レディスペインの雨も出てくる。

ただただ、河合奈保子が(´∇`*)カワエエ♡
のと、布施明もまぁまぁテレ顔で(´∇`*)カワエエ♡ので、お気に入り動画。



↓コメントへのお礼

キャサリンリンさんへ
さすが…夜のヒットスタジオw
潔いスケベwは、今回の番組では見られないでしょうが、
布施明がどんな扱いになるのか楽しみです。二人でエロデュエットはないでしょうから安心w


レオKさんへ
おおお!また逢う日まで!一度布施明で聞いてみたかったんです!
大昔歌ったことがあるようですが、動画でうpられたことはないと思います。
お花も出てたんですね♪谷村新司、サンキュー!(堀内孝雄風に)

コメント

映画音楽鑑賞

リアルタイムではなくリバイバルで観ています。カトリーヌ・ドヌーヴのデザイナーはイヴ・サンローラン、オードリー・ヘップバーンはジバンシイなので学生時代、コラージュの課題やデザイン画の為に観ました。なので内容は後回しでした。
ただただ美しいファッションとインテリアの中で、美しく歌いあげる悲恋。
憧れだった...10代の頃はw
2〜3年前、娘(既婚)と見た時「なんて自己中な傘屋の母娘」って私が娘に言ったら「ありだと思う」あ〜娘の方が大人なのかぁ?
それでも、美しいラストシーンに感動してしまう。
母娘の傘になるような男性を選べ。という話を以前、聞いた事あるような。
ところがレビューを読んだら、もっと奥が深いのですね〜
昔の映画って、本当に凄いです。ファッションや色彩学に見るだけでも価値ありますよ。

ドヌーブ

『シェルブールの雨傘』だったと思うのですが、ピンク、あわい水色、うすいグリーンとその色彩の美しさに、うっとりとした思い出があります。でも、時とすると、「あれっ、『夕顔』だったかしら?』と思うことあり。ドヌーブ、本当にきれいでしたね〜。彼女の映画、昔、よく観ました。仕事の帰りに友人と。フランス系の香水などを輸入していた会社にその頃は、勤めていたので、フランス映画をよく観たものです。

『帰り来ぬ青春』じゃ。

コメントの投稿

非公開コメント

 

書いている人

  はるまき:@superharumaki
  世界中が布施明好きにな~れっ
  と思った経緯は、こちら

月別
 
 superharumaki
お布施
メール

名前

メールアドレス
件名

本文


ページトップへ戻る